AdSense自動広告を特定ページで表示させないCocoon設定

HOW TO

 

こんな事で困っている人にオススメ
  • WordPressのテーマをCocoonに変更したら、AdSenseの自動広告を非表示にしていたページに広告が表示されてしまう。
  • 特定のページや固定ページに広告を表示させたくない。
  • AdSense側の設定をしているにも関わらず、反映されず自動広告が表示されてしまう。

 

こんにちは。「ダメもと」です。

私は今までWordPressのテーマは「Simplicity2」を使っていたのですが、この度「Cocoon」に変更しました。

両方とも「わいひらさん」という方が作成した無料テーマです。

しかし「Simplicity2」では上手くいっていた事が「Cocoon」に変更後「あれれ?」と思うことがあります。

今回は特定ページのAdSense自動広告を非表示にする方法です。

スポンサーリンク

AdSenseの自動広告を表示させたくないのに…

AdSenseの自動広告はとても便利ですよね。

自分で広告を貼らなくてもGoogleさんが自動で設定してくれる、特に初心者にはありがたいシステム

でもこのページには広告を表示させたくないのに…と思っても自動のため勝手に表示されてしまう事があるのです。

自動広告を表示させたくないページとは?
  • お問い合わせのページ
  • Privacy Policyのページ
  • アフィリエイトを扱うページでAdSense自動広告を表示させたくない

などがあります。

AdSenseの自動広告を非表示にするのは簡単!

AdSenseの自動広告を非表示にするのは簡単です。

順を追って説明しますね。

AdSense側の設定

まずはAdSense側の設定です。

Google AdSenseのページを開きます。

①「広告」をクリック

②鉛筆マークの「編集」をクリック

AdSense広告掲載の自動化の画面

画面右側の

③「管理」をクリック

広告設定タブの管理

 

 

④「+除外設定を追加」をクリック

除外設定を追加

 

URLに「あなたのサイトの除外したいページのURL」を入力し、⑤の「追加」をクリックして確定します。

ページ除外の管理・追加

矢印で前の画面に戻り…

矢印で戻る

 

サイトに適用」をクリックで終了です。

サイトに適用をクリック

 

これであなたが広告を表示させたくないページのAdSense自動広告が非表示になればOK。

 

通常はこれで設定できるはずなのですが…。

 

以下の画像は私のサイトで「プライバシーポリシー」「お問い合わせ」その他2つのページを除外設定している画面です。

「Simplicity2」ではこの4つのページに関して、AdSense自動広告は除外されていました。

 

にも関わらず、「Cocoon」にテーマを変更したら自動広告が表示されてしまうんです。

妹子
妹子

おかしいな…?

除外設定してるのに自動広告が表示される

 

Cocoon側の設定

そこで今度はCocoon側の設定を見てみましょう。

①「Cocoon設定」をクリック

②「広告」をクリック

Cocoon設定

 

画面の一番下までスクロールしましょう。

Cocoon設定・広告の画面を下にスクロール

 

一番下に「広告除外設定」があります。

③広告除外記事IDの欄に、非表示にしたい投稿ページ・固定ページのIDをそれぞれ「,」(カンマ)で区切って入力します。

広告除外設定

最後に④「変更をまとめて保存」をクリックします。

これで「Cocoon」側の設定は終わりです。

 

投稿ページ・固定ページのIDの調べ方はコチラの記事を参考になさって下さい。

WordPress記事ID・カテゴリーIDの調べ方を解説します

AdSenseの自動広告が非表示になった!

私はこのCocoon設定で非表示になりました!

めっちゃ簡単でした。

 

ご自身のサイトをチェックしてみて下さい。

AdSenseの自動広告が非表示なっていることが確認できましたでしょうか?

 

AdSense自動広告を表示させない方法Cocoon設定┃まとめ

AdSense自動広告を特定ページに表示させない方法のCocoon設定は以上になります。

テーマの変更に伴って、今まで問題が無かった諸々の事がちょくちょく出てきます。

そんな時でもあせらずに一つ一つ調べて、対応に当たるしかないですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました