しまバスで 奄美空港から古仁屋 まで かんもーれに宿泊

こんにちは。奄美大島に行ってきました「ダメもと」です。

奄美大島は今回で二回目。前回は奄美大島北部の旅でしたが、今回は南部。奄美大島、名瀬に次ぐ第二の都市「古仁屋」に滞在しました。

加計呂麻島にも日帰りで渡ってみましたよ。

2019年4月23日(火)

関西空港から奄美大島へ

関西空港から奄美大島へは約2時間弱。実際に空を飛んでいるのは1時間半ぐらい。

今回ももちろんのことバニラエアのセールです。

バニラエアは2019年10月26日で運航を終了してピーチと統合するので、乗るのは今回が最後になりそうです。

関西空港9:50発→奄美空港11:40着。ほぼ定刻通りに到着。天気が悪い。

奄美空港外観

いもーれ奄美へ!の看板

奄美空港から古仁屋へ

私はペーパードライバーのため、移動はいつも公共交通機関。奄美空港から古仁屋へは奄美大島の路線バス「しまバス」を利用します。

とりあえず路線バス乗り放題の1日券を奄美空港・1F総合案内所で購入。

奄美大島は結構バス代が高い!

参考
・奄美空港から名瀬市街地→1,100円
・名瀬市街地から古仁屋海の駅→1,550円

いずれも大人・片道

名瀬市街地までならば普通運賃で行ったほうが良いですが、南部・瀬戸内町まで行くならば、断然乗り放題の1日券を買ったほうがお得

詳しくは「しまバス・路線バス乗り放題券(フリーパス)」で確認して下さいね。

奄美空港から名瀬市街地

お天気が良かったら色々と寄り道しながら行こうと思っていたのですが、あいにくの雨模様。素直に今回滞在する「古仁屋」まで直行することに。

古仁屋へ行くには、名瀬で乗り換える必要があります

12:15発の「平田町奥又」行きのバスに乗って13:22着「港町待合所前」まで。

奄美パークやばしゃ山村に寄り道したい場合は、12:45発・13:15発の「名瀬・ウエストコート」行きに乗りましょう。
飛行機が早く着いた場合、ダッシュでバス乗り場に行ったら11:45発「名瀬・ウエストコート」行きも間に合うかもしれません。
事実「どうせ間に合わないから…。」と、トイレに行ったり写真を撮ったりしていました。バスの券を買っているときに総合案内所の方から「11:45のバス、間に合うかもですよ。」と言われ、慌ててバス乗り場に行ったら、間一髪!バスは出発した所でした。
だからチンタラせずに、バス乗り場に直行すれば11:45のバスは乗れるかもです。
古仁屋行きへの乗り換えは、乗るバスによって停留所が違います。
「平田町奥又」行き→「港町待合所前」で乗り換え
「名瀬・ウエストコート」行き→「しまバス本社前」で乗り換え
自分の乗ったバスがどちらかわからない場合は運転手さんに聞きましょう。

港町待合所前から古仁屋へ

13:22に「港町待合所前」に到着。

港町待合所前から古仁屋へのバスは14:14発「古仁屋海の駅」行き。

小一時間あるので、名瀬市街地をブラブラすることもできます。が…。

雨足がつよくなって、滝のように降ってきた。仕方なく「港町待合所」内で待たせていただくことに。

「港町待合所」は小さな建物ですが、屋根はあります。平日は事務員のお姉さんがいますので、色々と質問もできますよ。

今回は古仁屋集落の「ゲストハウスかんもーれ」という宿に泊まります。「ゲストハウスかんもーれ」は古仁屋小前が最寄りバス停。

奄美大島のバス事情

しまバスの時刻表は主要なバス停しか記入がなく、だいぶんと省略されています。実際「古仁屋小前」も路線図には記入されていますが、時刻表には記入がありません。

バスで古仁屋付近の宿に向かう場合は、宿の方に最寄りバス停を聞いておくと良いですよ。

また、ネットで色々奄美大島のバス事情を調べていると、

  • 「奄美大島のバスは車内アナウンスが無い」
  • 「地元の人は風景でわかるが、観光客は『次降ります』のピンポンを押すタイミングがわからない」

との情報があり不安に思っていたのですが、車内アナウンスはありました。ホッ。

それでも一応、運転手さんに「〇〇に行きたい」と伝えておくと安心ですよ。

ゲストハウスかんもーれ

ゲストハウスかんもーれの外観

今日から3連泊、お世話になる「ゲストハウスかんもーれ」。元々学習塾だった建物の2階を改修して、宿泊施設になっています。

古仁屋小前のバス停から徒歩約2~3分。

チェックインの時刻を宿の方に知らせておいたので、オーナーさんが待っていてくれました。

「ゲストハウスかんもーれ」は一部屋最大3人まで、2部屋しかありません。シャワー・トイレは共同です。

ラッキーなことに今日から3日間、予約が入っているのは私達だけ!よっぽどの事がない限り飛び込みの宿泊は無いとのこと。やったぁ~シャワーもトイレもキッチンも使いたい放題。いやぁ幸先いいわ。

キッチンには冷蔵庫、電子レンジや調理器具、食器も一通り揃っています。

キッチン

トイレの扉に学習塾時代の落書きがたくさん。

トイレの扉

柱には身長測定。

身長測定柱

テレビ台も学校の先生の机みたい。

テレビ

ベランダ付きの部屋「パッション」

パッション部屋内部

A・COOPせとうちに買い出し

A・COOPせとうちにこれから3日間の食料などを買い出しに行きました。かんもーれからは徒歩7~8分。このA・COOPには毎日通うことになります。

A・COOPせとうち外観

古仁屋には何軒か居酒屋などもありますが、貧乏旅行なのでとりあえず今日は部屋で食べることに。

なにか「奄美大島らしいものを。」と期待していたのですが、あまり珍しいものは発見できず。ゴーヤーもまだまだ高いし、ハンダマという野菜も売っていなかった。残念…。

これは以前石垣島へ行ったときに食べたハンダマ。ねばっとしていて美味しいんです。

ハンダマ

A・COOP以外では「島魚 あま海」で刺し身をゲット。「島魚 あま海」は地元でとれた新鮮な魚介類を販売しています。数量限定で「海鮮丼」を食べることもできますよ。なくなり次第終了なので予約するのがおすすめ。

「島魚 あま海」さんの前も毎日通りましたが、その日に水揚げされた物を使うのか海鮮丼の魚の種類は日によって変わるようです。お店の前の看板に本日使われる魚の種類が書いて有りました。

本日の夕食

「島魚 あま海」で購入した刺し身・各200円。安いっ!シビ(キハダマグロ)とイカ、白身魚は名前を失念。

ご飯はパック飯をA・COOPで大量購入。野菜不足にならないようにサラダサツマイモの天ぷらも購入。

夕食の刺し身・サツマイモの天ぷら・サラダ・パック飯

「島魚 あま海」で購入したいか味噌も美味しい。イカを奄美大島独特の味噌で和えたもので、甘すぎず辛すぎず、お酒にもご飯にもピッタリです。

いか味噌

A・COOPで購入した鳥の刺身も新鮮でとっても美味しい。300円。安いっ!

鳥の刺身

ビールも酎ハイも進みます。

今日は移動に次ぐ移動で疲れました。奄美大島の南部まで来るには、思いのほか遠かった。

2日目はこちらから

こんにちは。奄美大島の旅2日目の「ダメもと」です。 天気予報では、今日が今回の日程の中では一番お天気がマシそう。 そこで今回の旅...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする