【奄美大島】カヌー&シュノーケルするなら冬がおすすめ【2日目】

旅行

冬に奄美大島へ行ったら何して遊ぶ?

奄美大島って冬でもシュノーケルできるの?

こんにちは。「ダメもと」です。

バニラエアのセールで格安航空券をGETできたので、冬の奄美大島へ行ってきました。

2日目の今日は、朝から夕方まで1日ガイドツアーを頼みました。

午前中は初めてのマングローブカヌーに挑戦、午後からはシュノーケルを楽しんできましたよ。

バニラエアのセールで奄美大島へ行ってきました。

今回は奄美大島 / 北部、2泊3日の旅を旅行記としてまとめたいと思います。

なおこの旅行記は私個人の備忘録的な記録になるので、時間など参考にならない点も多々あることをご了承ください。

ただ、

  • 日付&服装

などは参考になると思います。

どこへ旅行に行くにしても、事前準備として季節の体感ならびに服装を調べると思います。

私は個人の旅行ブログで調べるのが好きなのですが、思いのほか情報が少ない。きれいな景色の写真はたくさんアップされていますが、それが何月何日ごろなのかが結構不明なものも多いんですよね。

本州の人間からしたら特に予想がつかない奄美大島は、服装を選ぶのが難しい

また私はペーパードライバーのため、すべての移動は

  • 徒歩
  • 自転車
  • 公共交通機関

を駆使して旅をしています。

そんな点が少しでもあなたの参考になったら幸いです。

また最終日に今回の旅行費用も掲載していますので、参考にしてくださいね。

2018年1月18日(木)晴れ

ウミガメ

スポンサーリンク

冬の奄美大島2日目┃本日の朝ごはん

レスト&ロッジ翔の朝ごはんです。おいしそう~!

ホテルの朝食

本日はカヌー&シュノーケルツアーに申し込んでいるため、朝ごはんはちょっと早めの7:00に用意してもらいました。

今日はたくさん体を動かす予定なので、しっかり食べて行こう!

マングローブカヌー&シュノーケルツアー◆ユニマーレ

本日のカヌー&シュノーケルツアーはユニマーレさんにお願いしました。

ユニマーレにはたくさんのツアーメニューがあります。

迷いに迷って今回は「シュノーケル&マングローブカヌーと絶景エリアツアー(中部エリア)」に決定。

お値段は1日ガイドツアーで11,000円でした。

※2021年7月現在は、ツアーメニュー、価格ともに変更されています。

>>ユニマーレ公式サイトでチェック

奄美大島でカヌー&シュノーケル▶冬がおすすめの理由

シュノーケルをする女性

奄美大島でカヌーするのに、なぜ冬がおすすめなの?

と思いますよね。

第一の理由は人が少ないから。今回お願いしたユニマーレのツアーも、参加者は私たちだけでした。(たまたまかも知れませんが)

初体験のカヌーでしたが、マンツーマンで安心できました。

そして第二の理由は、冬なのに思っている以上に寒くないんです。一生懸命にカヌーをこいでいると、むしろ暑いぐらいです。

また、シュノーケルをするのにも冬がおすすめ。

なぜなら浮遊物が少ない冬のほうが、夏よりも透明度が高いんですって。

でもさすがに海に入るのは寒くないの?

厚地の冬用ウエットスーツを着れば大丈夫です。

またお店によっては、体がまったく濡れないドライスーツを用意してくれるところもありますよ。

冬の奄美大島◆マングローブカヌー

カヌーをこぐ2人の女性

それでは、いよいよツアーに出発!

8:00に宿に迎えにきてもらいました。午前中はマングローブカヌーです。

余談ですが、スタッフさんとの会話。

姉子
姉子

1月14日に東シナ海でパナマ船籍タンカーSANCHI号が沈没したらしいのですが、海への影響はどうですか?

仮顔
仮顔

えっ、そうなんですか?ぼくんちテレビないんですよ。

だからちょっとわかりません…すみません。

姉子
姉子

いえいえ、こちらもネットのニュースで知ったんで。

油が流出してるのかなぁと思いまして…。

テレビ無いのか…。今どきテレビなんか無くても、インターネットで何でも知ることができるもんね。すごい世の中になったなぁ…と変なところで感心。

※やはり後日、奄美大島に油が漂着したようです。

そんな会話をしているうちに、カヌー出発地点のマングローブ茶屋に到着。

さっそく丁寧なレクチャーを受けて、カヌーに乗ってみました。ドキドキ…初めて乗るので結構怖いですよ。

カヌーをこぐ2人の女性

最初はパドルをうまくコントロールできなくて、姉は同じところをクルクル回っています。

そういう私もクルクル回る。

姉子
姉子

あぁー!ぶつかるーー!

どんっ!!

パドルで姉のカヌーをググッと押す。

なんてことを何度か繰り返すと、ちょっとだけコツをつかんできました。

しばらくこいでいくと、せまい水路に入っていきます。マングローブのトンネルです。

マングローブのトンネル

ここも私たちだけでスイスイと進むことができ、本当にストレスないわー。

マングローブのトンネルと女性

ちなみに夏のハイシーズンは大渋滞で、かなりごった返す模様。

マングローブのトンネルとカヌーをこぐ女性
帰るときのターンがちょっとムズい

ユニマーレさんはガイドの途中でハピドラムと言う楽器を奏でてくれます。

これがなんとも不思議な楽器(音も形も)で、私は初めて知りました。大自然の中で聞くハピドラムの音色は、非日常感たっぷり。

奄美大島でユニマーレがガイド中に奏でる音紹介
ユニマーレでは、海や森のガイド中にハピドラムという楽器を演奏することが多々ある。 演奏といっても技術はヘナチョコなので、好きな音を見つけながら奏でる感じ。 この好きな音を見つけるっていうのが、実はガイド中に重要なポイントとなってる気がする♫

マングローブカヌー▶冬の服装は?

半パンの女性
※1月18日 / マングローブカヌー時の服装

上半身

  • 長袖のラッシュガード

下半身

  • 水着の半パン
  • 素足にゴムぞうり

これが1月のファッションとは思えない…

信じられないかもですが、こんな服装でも全然寒くない。日が差してきたら、むしろ暑いぐらいです。

さらにカヌーを一生懸命こぐので、汗ばんできます。厚着に注意

冬の奄美大島2日目┃本日の昼ごはん

カヌーも無事に終了し、お腹がすいてきましたよ。

ユニマーレさんは「どんなものが食べたい?」って聞いてくれ(例えば米系とか麺類とか)、おすすめのお店に連れて行ってくれます。

今回は奄美大島でおすすめのお店とリクエスト。島とうふ屋に連れて行ってもらいました。

島とうふ屋のランチタイムは

  • 山芋豆腐、湯豆腐 / 食べ放題
  • 豆乳、ミキ / 飲み放題

で、ランチメニューも豊富。

定食はどれもおいしそうだけど、かなりボリューミー。

食べ残したくなかったので、

  • くみあげ湯葉丼セット / 700円
  • 揚げ出し豆腐セット / 600円

をいただきました。

こちらのメニューもかなりのボリュームでした。

昼食のくみあげ湯葉丼
くみあげ湯葉丼セット / 700円
昼食の揚げ出し豆腐
揚げ出し豆腐セット / 600円

ちなみにミキとは奄美大島や沖縄で愛されている飲み物。

豆乳とミキ
豆乳とミキ

原材料は

  • さつまいも
  • 砂糖(白糖)

で、発酵させて作られています。どろっとして、かなりの甘さです。

他にもたくさん食べたいメニューがありましたが、午後からシュノーケルをするので我慢しました。

>>島とうふ屋でメニューをチェック

島とうふ屋の口コミはこちら※食べログ

奄美大島中部の絶景スポット

高台から見る海

お昼ごはんのあとは、絶景スポットへ案内してくれましたよ。

高台からみる緑の木々と、海の青は最高にキレイです。

しばしぼんやりと海をながめていると、スタッフさんかクジラを発見!

姉子
姉子

えっ!どれどれ?

よくよく見ると、白い波しぶきが。その波しぶきがたった時にクジラがジャンプしているんだって。

白い波しぶきは見えるのですが、私の肉眼ではクジラを確認することはできず…。

冬の奄美大島はホエールウォッチングもできますが、このように高台からクジラを発見できるのはかなりめずらしいことのようで、スタッフさんのテンションもあがっていました。

高台からの海
クジラは写っていません

冬の奄美大島◆シュノーケル

最後はいよいよシュノーケルです。

今回のシュノーケルはビーチエントリー。浜から遠浅の海を歩いてポイントを目指します。

リクエストとしては「ウミガメを見たい」と相談していたので、その方向で出発です!

シュノーケルをする女性と浮き輪
浮き輪で引っ張ってくれます
仮顔
仮顔

ウミガメポイントはかなり沖に行かないと見れないかも。

がんばって泳いでくださいね。僕もがんばって引っ張りますから。

姉子
姉子

かなり沖ってどれぐらい?

30分ぐらい

姉子
姉子

!なぬーー!!無理かも…。

と思いながらも、必死で泳ぐ。早く進むフィン(足ひれ)の使い方も丁寧に教えてくれます。

すると泳ぎ始めて数分後…。

おったー!亀おったよーーー!!

ウミガメ

ち、近い。ものすごく近い。姉ついに亀と泳ぐ!

大・興・奮!!

姉は前回の石垣島旅行では船酔い&波酔いでウミガメを見れずでした。

今回は見れてよかったね!

開始10分以内で見れるなんて、やっぱり持ってるわ~。余計な体力を使わずにすんだわ~。

シュノーケルをする2人の女性

ウミガメを見た後は、きれいな魚やサンゴを見ることができました。

魚とサンゴ

手に持っているものが、何だかわかるかな?真っ青な色のヒトデです!

青いヒトデ
触ると石のようにかたい!
シュノーケルを楽しむ2人の女性

今回お願いしたツアーは、朝から夕方までたっぷり遊び大満足で終了!

ちなみにカヌーやシュノーケルを楽しんでいるところを写真撮影してくれて、無料でいただけますよ。

>>ユニマーレ公式サイトはこちら

>>じゃらんでツアープランを見る

冬の奄美大島2日目┃本日の晩ごはん

2日目なので、昨日と違うメニューにしてくれました。

ホテルの夕食
トンカツ、柔らかくておいしい!

こう言っちゃあ聞こえは悪いかもですが、単なるトンカツなのに、なんかめっちゃおいしいんですよね。

鹿児島と言えば黒豚のイメージ。やっぱり鹿児島は豚がおいしいのかな?

こちらは見たことがない貝。板長さんに聞いて見ると「とびんにゃ」と言う貝だそう。美味。

とびんにゃと言う貝
焼酎のつまみにピッタリでした

【奄美大島】カヌー&シュノーケルするなら冬がおすすめ【2日目】まとめ

【奄美大島】カヌー&シュノーケルするなら冬がおすすめ【2日目】まとめです。

2日目の今日は、ユニマーレさんに丸1日ガイドツアーをお願いしました。

午前中は初めてのマングローブカヌーへ。最初はうまくカヌーをコントロールできなくても、コツをつかんだら楽しくなってきた!

また川の流れに身を任せてプカプカ浮いているだけで、リラックスすることができました。

午後からは冬の海でシュノーケルを堪能。姉は初めてウミガメを見ることができて大興奮!

きれいな魚やサンゴもいっぱい見ることができました。

南国の奄美大島と言えども、冬は寒いでしょ?と思っていました。しかし今回、水遊び系を体験しての感想は、思っていた以上に冬感がうすいと感じました。

うん、奄美大島は冬でも意外と遊べるな。

奄美大島の旅┃手配方法

奄美大島への直行便は以下になります。

JAL東京(羽田)、大阪(伊丹)、福岡、鹿児島、喜界島、徳之島、
永良部島(徳之島経由)、与論島、沖縄(那覇)
ピーチ東京(成田)、大阪(関西)
スカイマーク鹿児島、名古屋(鹿児島経由)

東京(成田)、大阪(関空)を利用できる方はピーチでかなりお得に行くことが出来ますね。

名古屋の方はスカイマークを利用して鹿児島で乗り継ぎになります。

LCC格安航空券を調べるならスカイチケットが便利。

スカイチケットなら最安値がカレンダーで一目瞭然。とても見やすいので良く利用します。

スカイチケットで格安航空券を見てみる

LCCが就航していない地域の場合

などで検索してみましょう。

ちなみにHISはLCC利用のパックツアーもあります。

今日の宿はレスト&ロッジ翔。奄美空港より車で約10分。送迎ありです。

ブルーエンジェルと言われる土盛海岸まで徒歩約5分。BBQを楽しめるプランもありますよ。

航空券と宿さえ決まれば、あとは何して遊ぶかゆっくり考えましょう。

例えばアソビュー!

アソビュー!ならアクティビティの情報が満載!みんなの口コミが豊富なのでアクティビティ選びの目安にしています。

アソビューでアクティビティを見てみる

奄美大島の旅┃関連記事

1日目|美しい土盛海岸を散歩

2日目|このページ

3日目|路線バスであやまる岬&奄美パーク

タイトルとURLをコピーしました