【冬の奄美大島】路線バスで行くあやまる岬&奄美パーク【3日目】

旅行

奄美大島を観光するには車がないと無理?

路線バスで観光することはできないのかな?

こんにちは。「ダメもと」です。

奄美大島を観光するのに車があった方が便利なのは事実です。

しかしながら私、ペーパードライバー。旅行に行くたびに

姉子
姉子

車運転してーやー。

と姉に言われ、肩身の狭い思いをしております。

そこで3日目の今日は、路線バスを駆使してあやまる岬奄美パークへ行ってきました。

バニラエアのセールで奄美大島へ行ってきました。

今回は奄美大島 / 北部、2泊3日の旅を旅行記としてまとめたいと思います。

なおこの旅行記は私個人の備忘録的な記録になるので、時間など参考にならない点も多々あることをご了承ください。

ただ、

  • 日付&服装

などは参考になると思います。

どこへ旅行に行くにしても、事前準備として季節の体感ならびに服装を調べると思います。

私は個人の旅行ブログで調べるのが好きなのですが、思いのほか情報が少ない。きれいな景色の写真はたくさんアップされていますが、それが何月何日ごろなのかが結構不明なものも多いんですよね。

本州の人間からしたら特に予想がつかない奄美大島は、服装を選ぶのが難しい

また私はペーパードライバーのため、すべての移動は

  • 徒歩
  • 自転車
  • 公共交通機関

を駆使して旅をしています。

そんな点が少しでもあなたの参考になったら幸いです。

また最終日に今回の旅行費用も掲載していますので、参考にしてくださいね。

2018年1月19日(金)くもりのち雨

あやまる岬

スポンサーリンク

冬の奄美大島3日目┃本日の朝ごはん

レスト&ロッジ翔の朝ごはん。正統派の和朝食です。

ホテルの朝ごはん

レスト&ロッジ翔には2泊お世話になりましたが、朝も夜も食事が本当においしかったです。

宿泊する際には食事付きプランがおすすめ!

>>レスト&ロッジ翔の奄美ごはんはこちら

冬の奄美大島観光┃あやまる岬

あやまる岬観光公園の地図

本日の最初の目的地はあやまる岬です。

グーグルマップで調べてみると、徒歩でも約20分で行けそう。

また、レスト&ロッジ翔には潮風で若干錆びついてはいますが、レンタサイクルもあるようです。

どうしたものかとレスト&ロッジ翔のご主人に相談してみました。

するとあまりお天気も良くないので、車であやまる岬まで乗せていってくれることに!

車なしの旅人にはありがたいです。

ラッキー、やったね!

注意

あやまる岬についたら、まずは路線バスの時刻表をチェックしましょう。

とにかくビビるほど本数が少ないので、乗り過ごしたらアウトです!

◆あやまる岬◆

あやまる岬の説明を読む女性

あやまる岬は奄美十景のひとつ。「あやまる」の地名の由来は、に織られた手毬のようない地形だからなのだそう。

  • 綾丸=あやまる

高台からの景色は太平洋を一望でき、とても美しいです。

あやまる岬展望台からの景色
しかし曇っとんなぁ…

そのあやまる岬ですが、誰もいない…

フォトスポットや展望台なども回ってみましたが、誰ひとりいない…。

誰もいないことは素晴らしい」を旅のコンセプトにしている私たちは大満足です!

◆たんかんゼリー◆

たんかんゼリー

奄美大島はたんかんが有名だそうですが、時期は2月からとのこと。是非とも食べてみたかったのですが、まだ出回ってはいませんでした。

昨日立ち寄った商店でたんかんゼリーを購入したので、ここらでちょっと休憩を。

たんかんゼリーを食べる女性
みずみずしくておいしいよ

◆サイクル列車◆

展望台から下へおりると、トイレや休憩所、遊具等がある多目的広場になっています。

多目的広場

その中のひとつ、海辺を走るサイクル列車に乗ってみよう!

サイクル列車
誰もいないので乗れない…

と、思ったのですが誰もいない。しばらくたたずんでいましたが、誰もこない…。

あきらめかけたその時、遠くの方に管理の人っぽいおじさんを発見!良かった。

サイクル列車は自力で漕ぎますよ。では出発!

ポーーー!ポッポー!!(本当に汽笛が鳴ります)

汽車

サイクル列車は1周100円。おまけで2周させてくれました!(誰もいないから)ラッキー!

ゆめの島駅の看板

サイクル列車に乗りながら見える景色。海側を走るので、写真で見るよりもはるかにダイナミックです。

海の景色

冬の奄美大島観光┃奄美パーク

奄美の郷外観
奄美の郷 / 変わった屋根がアルマジロ風?

あやまる岬を後にして、今度は奄美パークへ。

あやまる岬から路線バスで行きますが、直通では行けないので奄美空港で乗りかえます。

赤木名行きアヤマル岬 / 10:26発→空港 / 10:35着

▶空港で乗りかえ

こしゅく第1公園行き空港 / 10:45発→奄美パーク入口 / 10:51着

余談ですが、奄美パークへ向かうバスの中で

姉子
姉子

あら?バス代の小銭、ないわ。

って話していたら

島のおばあ
島のおばあ

お金ないの?いくら?

って、島のおばあが財布をガサゴソ。

姉子
姉子

あります、あります!小銭が無いだけやから、両替します!

もう、びっくりしました。

見ず知らずの観光客に、お金を提供しようとする優しさに感激!

おばあちゃん、ありがとう。気持ちだけもらっておきます。

◆奄美パーク◆

奄美パークでは、奄美大島の自然や文化・歴史を知ることができます。

パーク内はとても広く、展望台や美術館もあります。

>>奄美パークのマップはこちら

施設観覧は共通観覧料がお得です。

区分共通観覧料奄美の郷田中一村記念美術館
大人630円<500円>310円<240円>520円<410円>
高校生・大学生420円<330円>220円<170円>370円<290円>
小学生・中学生310円<240円>150円<120円>260円<200円>
幼児(小学生未満)無料無料無料
<>内は団体(20名様以上)の料金

奄美の郷 / 総合展示ホールには、奄美大島の歴史や暮らしがわかる実物大の人形も。これが結構リアル。

メンコで勝負だ!

メンコで遊ぶ少年と女性
負けないぞ!メンコのルール知らんけど。

この少女は、なぜこんな体制で縁側に寝ているのか?暑いからかな?

縁側に横になる少女
縁側に横になる少女の後ろ姿
後ろから撮影 / セクハラショット

島のおじいもかなりリアル。

島のおじいさん
遠目に見るとドキッとするほどリアルです

パネル写真で、奄美大島の歴史を知ることができます。

ヤギと女性
ヤギもリアル / ンメェェ…

◆田中一村記念美術館◆

正直に言うと、田中一村って誰?

明治41(1908)年,栃木県に生まれる。幼い頃から画才を発揮し,7歳の時,父の濔吉(号稲村、稲邨)より「米邨」の号を与えられる。

大正15年東京美術学校入学後,わずか2か月余りで中退,その後南画家として活動する。第19回青龍展に「白い花」を出品入選するが,その後中央画壇とつながりをもつことはなかった。

昭和33年50歳で単身奄美大島に移住。紬工場で染色工として働き,蓄えができたら絵を描くという生活を繰り返し,亜熱帯の植物や動物を描き続け,独特の世界をつくりあげた。

絵描きとして清貧で孤高な生き方を通した一村は,昭和52(1977)年69歳でひっそりとだれにも看取られずにその生涯を閉じた。

引用:奄美パーク / 田中一村について

はぇ~。初めて知りました。

田中一村の絵はちょっとくすんだような色合い。その鮮やかすぎない色合いに、奄美大島のリアルな風景を感じることができます。

>>田中一村の絵をチェック

今まで田中一村さんのことを一切知らなかったけど、結構時間をかけてじっくり見入ってしまいました。

しかし、ここにも誰もいない…。ゆっくりと見れて最高でした。

奄美大島の郷土料理┃鶏飯

鶏飯

奄美大島の旅ではずせない郷土料理の鶏飯けいはん

奄美パーク内のゆらん郷(ユランゴ)で食べることができます。

◆鶏飯とは?◆

奄美大島の名物料理と言えば鶏飯と言われるほど定番中の定番。

アツアツのごはんに

  • 鶏肉
  • 錦糸卵
  • 干しシイタケ
  • パパイヤの漬け物
  • 刻みネギ
  • 刻み海苔

などを盛り付け、上からこれまたアツアツの鶏ガラスープをかけていただきます。

鶏飯の具とスープ

お茶漬けのようにサラサラと食べることができ、特に南国の暑い夏にピッタリの鶏飯。

今では夏に限らず年間を通して食べられる、奄美大島を代表する郷土料理です。

澄み切った鶏ガラスープがあっさりとして、おいしかったです!

ゆらん郷の口コミはこちら※食べログ

【冬の奄美大島】路線バスで行くあやまる岬&奄美パーク【3日目】まとめ

【冬の奄美大島】路線バスで行くあやまる岬&奄美パーク【3日目】まとめです。

3日目の今日は最終日。奄美空港からほど近い、あやまる岬と奄美パークを観光しました。

あやまる岬から見る雄大な太平洋は、とてもキレイ!天気があまり良くなかったけど。

サイクル列車に乗ると、ダイナミックな海を近くに感じることができました。

その後奄美パークへいく途中のバスで、島のおばあの優しさにふれて大感激(泣)

奄美パークでは田中一村記念美術館で、じっくりと絵画鑑賞。

旅の締めくくりは、念願の鶏飯を食べることができました。

そして奄美空港15:15発の飛行機で関西空港へ。

2泊3日の旅はあっという間。短いながらも充実した旅になったのではないかな?

これにて冬の奄美大島、2泊3日の旅は終了です。

冬の奄美大島旅行┃今回かかった費用

飛行機運賃 / 往路1,980円
飛行機運賃 / 復路2,480円
支払手数料 / 600×21,200円
関西空港使用料 / 430円x2860円
レスト&ロッジ翔 朝夕食付き / 7800円x215,600円
カヌー&シュノーケルツアー / ユニマーレ11,000円
徴収金(※後述)20,000円
合計53,120円

となりました。

※徴収金とは?

*徴収金とは、交通費とか食費とかお土産代とか…いろいろありますよね。

それを1人いくらって前もって決めておいて(今回の場合は20,000円)会計担当の姉に預けておきます。

すべてにかかるお金を、そこから出すようにして、余ったら折半するようにしてますね。

今回の奄美大島は交通費が安い分、宿とガイドツアーにお金を回すことができました。

これぞLCC旅の醍醐味ですよね。

レスト&ロッジ翔は朝夕食事付きで、1泊7800円は安いですが、冬でオフシーズンのためだと思われます。

カヌー&シュノーケルツアーは「ちょっと奮発したかなぁ」と思いますが、偶然とは言え丸1日マンツーマンガイドだったため大満足でした。

初めての奄美大島、2泊3日の旅としては妥当な金額なのかなーと思います。

パックツアーじゃないので、宿とかをおさえるのはちょっと面倒ですが、今はインターネットで簡単に予約もできます。

LCCで格安航空券をGETして、自分の好みの旅の計画をたててみてくださいね。

その時に、この旅の記録が少しでもあなたの役に立てば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

奄美大島の旅┃手配方法

奄美大島への直行便は以下になります。

JAL東京(羽田)、大阪(伊丹)、福岡、鹿児島、喜界島、徳之島、
永良部島(徳之島経由)、与論島、沖縄(那覇)
ピーチ東京(成田)、大阪(関西)
スカイマーク鹿児島、名古屋(鹿児島経由)

東京(成田)、大阪(関空)を利用できる方はピーチでかなりお得に行くことが出来ますね。

名古屋の方はスカイマークを利用して鹿児島で乗り継ぎになります。

LCC格安航空券を調べるならスカイチケットが便利。

スカイチケットなら最安値がカレンダーで一目瞭然。とても見やすいので良く利用します。

スカイチケットで格安航空券を見てみる

LCCが就航していない地域の場合

などで検索してみましょう。

ちなみにHISはLCC利用のパックツアーもあります。

今回の宿はレスト&ロッジ翔。奄美空港より車で約10分。送迎ありです。

ブルーエンジェルと言われる土盛海岸まで徒歩約5分。BBQを楽しめるプランもありますよ。

航空券と宿さえ決まれば、あとは何して遊ぶかゆっくり考えましょう。

例えばアソビュー!

アソビュー!ならアクティビティの情報が満載!みんなの口コミが豊富なのでアクティビティ選びの目安にしています。

アソビューでアクティビティを見てみる

奄美大島の旅┃関連記事

1日目|美しい土盛海岸を散歩

2日目|マングローブカヌー&シュノーケル

3日目|このページ

タイトルとURLをコピーしました