スノーシュー に挑戦!自分と動物の足跡だけの世界【5日目】

こんにちは。美瑛・美馬牛の旅5日目の『ダメもと』です。今日は『スノーシュー』に挑戦しますよ。

2018年2月26日(月)

早朝散歩&朝ごはん

早朝6:00過ぎ。今日もさむいよ~。ただ今の気温マイナス12℃!!
マイナス12℃を指す温度計

それでも朝の散歩は欠かせません。旅の定番。

雪道を歩く後ろ姿の女性

やっぱり動物って夜行性なんですね。確実に歩き回っとる。

雪の上に動物の足跡

ちょっとずつ明るくなってきた。

早朝の雪景色

朝陽が出てきた。

雲の間から太陽

絵になるなぁ。

雪の中の一本の木

もちろん誰にも会わず「シーン」としている。音のない世界。

空と木と雪

ちょっとキツネとは違う感じの足跡。なんだろ?

木立の中の動物の足跡

約2時間弱、散歩から戻ると宿の前を除雪車がキレイにしてくれていました。近所の農家さんが、サービスでしてくれているんだって。「本当にありがたい」と宿の奥さん談。ご近所さんの優しさが溢れる一コマ。

除雪車で除雪をする人

私も手伝う~!!

雪かきをする女性

朝ごはんですよ

早朝散歩でお腹がすきました。おいしそう!スープはゴボウのポタージュ。ちょっとザラザラしていて、食物繊維たっぷりな感じ。ゴボウの香りも豊か。バターはあの六花亭のバター!マルセイバターサンドのバターのみって売ってるんですね。初耳!

朝食のパン・スクランブルエッグ・ソーセージ等

スノーシューへ出発!

9:15からスノーシュースタート。い~いお天気になりました。絶好のスノーシュー日和!宿の方が案内してくれるものとばかり思っていたら、自分たちで勝手に行くとの事でビックリ!「大丈夫かな?迷わないかな?」不安になって宿の奥さんに質問したら「絶対大丈夫。迷いようがないから!」謎の太鼓判を押され、軽くレクチャーを受けて出発!

真っ白な雪原

スノーシューって?

スノーシューとは、いわゆる「かんじき」の事。西洋版「かんじき」とでも言いましょうか?雪の中をスニーカーや長靴で歩くと、足がズボズボ埋もれてしまいますが、スノーシューなら大丈夫。スノーシューを履いて、広い雪原や森林をハイキングしたりもできますよ。。ふわふわの新雪も、急な斜面もずんずん進めるので、真っ白い雪に覆われた世界を、思う存分楽しめます。

私たちも初挑戦!前回『ほおずき』さんに泊まった時(秋頃)、玄関にスノーシューが置いてあって『これ何ですか?』って質問してたんですよ。だからもし冬にこれたら絶対にしてみたいって思ってたんですよね~。念願叶う!

こんな林の道を行きますよ。宿の裏側です。

雪の林の中

クリスマスツリーみたい。

クリスマスツリーみたいな木

林をぬけて振り返ると自分の足跡が。

雪の中にスノーシューの足跡

だぁれも歩いた後のない雪を踏みしめるのは格別の気分!しかし『歩きにくいから先に行って、足跡で道を作ってくれ』by姉。

スノーシューをする女性

一度車道に降りて次の丘へ。車道って言っても大丈夫。車なんかほとんど通りません。

雪道の車道

後ろから来ているのは同じ宿に泊まっていた女子大生。ヤバい追いつかれる!

スノーシューをする女性

一生懸命歩いていたらかなり汗ばんでくる。ちなみに服装は全部ユニクロ。

  • ヒートテック
  • ウルトラダウン
  • ポケッタブルパーカー

  • ヒートテック・スパッツ
  • ブロックテックパンツ
  • 宿でお借りした防水パンツ

時間がたつのはあっという間。そろそろ11:00前、宿に戻ろう。

青空と雪原

帰り道。松ぼっくりに雪。

松ぼっくりの頭に雪

スノーシュー楽しかった!

スノーシューを堪能して宿に戻ると、オーナーさんがたまたま玄関に。「スノーシュー、楽しかったです!でもしんどかった~。」と話していたら、先ほどの女子大生がもう帰ってきた!私たちの方がずいぶん早く戻ったのに…。「やっぱり若さってすごいね~」なんて言いながらふと足元を見ると、彼女たちのスノーシューの方がずいぶんと軽そう。見た目がプラスチックぐらい違う。

するとオーナーがあんた達のは本格タイプだ。」なぬーーー!なんで?!「あんた達山登りするんでしょ?」って。「なんですってーー!しませんよーー!!

どこでどう勘違いされたのか?姉のがたいがいいからか?女子大生の華奢さ故か?

オーナー「ゴメン、ゴメン。でもいい顔してる」だって。

このウェブサイトは販売用です! biei-hozuki.jp は、あなたがお探しの情報の全ての最新かつ最適なソースです。一般トピックからここから検索できる内容は、biei-hozuki.jpが全てとなります。あなたがお探しの内容が見つかることを願っています!

四季の塔へ再チャレンジ

11:30頃美瑛駅まで送ってもらうはずだったけど、途中『四季の塔』が見えたのでそこで降ろしてもらいました。2日前に落雪の影響で登れなかったのでもう一度行ってみることに。


今日は登れました。上から眺める美瑛の街並み。

上からみた美瑛の街並み

白金温泉へ

13:40、本日の宿『湯元白金温泉ホテル』無料シャトルバスが美瑛駅まで迎えに来てくれます。この無料シャトルバスは旭川発→美瑛経由で『湯元白金温泉ホテル』だけではなく近隣のホテルと合同のようです。美瑛から乗り込んだのは私たちのみで車内はほぼ満員。予約が必要なので問い合わせてみてくださいね。

湯元白金温泉ホテル到着

無事ホテルに到着。

湯元白金温泉ホテルの看板

ひな祭りが近いからかロビーにはお雛様が。

雛人形

北海道のほぼ真ん中に位置する美瑛町。 当館の温泉は、掛け流しの「天然温泉」。 お食事は、季節を感じ取れる「創作和食(WASHOKU)」。 客室は、くつろぎの空間を満喫していただく為の心地よい「和室」。 旭川市や富良野市からも近く、北海道・道北地方の観光旅行の拠点としてご利用ください。

白ひげの滝を見に行く

白ひげの滝はホテルから徒歩で約2分。橋の上から見ます。

白ひげの滝

どう見ても凍っている。

凍っている白ひげの滝

滝が凍るなんて想像を絶する寒さ!

白ひげの滝全容

寒いからとりあえず温泉に入ろう。

温泉、なかなか良かったですよ。最近の旅は温泉から遠ざかっていたから久しぶりにのびのびできました。露天風呂もあったけど、あまりの寒さに断念。心臓麻痺でも起こしたら大変だからね。

本日の晩ごはん

一番リーズナブルなプラン。とんかつorお刺身orてんぷらから選べる夕食。私たちは天ぷらにしました。

夕食の天ぷら定食

青い池ライトアップ


食事の後は『青い池ライトアップ』

『湯元白金温泉ホテル』に宿泊すると、青い池まで無料の送迎バスで連れて行ってくれます。ライトアップは冬季限定で、夏とはまた違って幻想的。

青い池ライトアップ

青から紫へのグラデーション

青と紫のグラデーションのライトアップ

深い青が美しい

深い青のライトアップ

池は当然凍っています。

白のライトアップ

6日目はこちら

こんにちは。美瑛・美馬牛の旅6日目の『ダメもと』です。今日は『サッポロビール庭園』へ工場見学に行きますよ。 2018年2月27...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする