JALパック 沖縄を遊ぼう は、お得がいっぱい超おすすめ!

こんにちは。JALパック『沖縄を遊ぼう』リピーターの『ダメもと』です。今回はお得感満載のJALパック『沖縄を遊ぼう』を紹介しますよ。

どれだけお得か比較

この表は2018年夏版、沖縄本島オプションの比較。ほんの一部です。

オプション料金比較表

これだけ見てもお得感がわかると思います。

その他、

  • Sクラスレンタカーが1日(1回/1名)
  • 宿泊者限定お得なディナー(1回/1名)
  • JALうたばす(1回/1名)

等もあり、これも500円!

うたばすって?

バスガイドさんが、ガイドの合間『三線演奏』『島唄』を披露してくれます。

三線の音色を聴きながら車窓からの美しい景色を見ていると、『あぁ生きててよかったなぁ』って気分になれますよ。

私ははじめて『うたばす』に乗った時、三線の音色をバックに車窓から景色を見ていたら本当に泣けてきました。んで、隣の席を見るとなんと!同じタイミングで姉も泣いとるーー!

なんか感動するタイミングが一緒だったみたい。怖っ!!

『うたばす』は、その年によって内容は若干変わるようです。ちなみに2018年夏版はこんな感じ。

古宇利島・美ら海号
【毎日運行】

うたぱすのスケジュール

うたぱすの発着地と時間

JALパック オリジナルバス 「JALうたばす」より引用

他のプランもあるので、確認してみてくださいね。

こんな感じで利用してみた

今までにJALパック『沖縄を遊ぼう』をこんな感じで利用してみました。

2015年6月の場合

2015年6月7日~10日 3泊4日の旅です。

1日目 ボートで行く!青の洞窟シュノーケル

シュノーケル初体験!500円だからやってみようと思いました。『500円だったら怖くて出来なくてもいいや』と思って。現地参考価格5,700円です。

参加人数は私たち2人と、おとなしそうな若いカップル。どちらもシュノーケルは初めてだったので、インストラクターの方も丁寧に教えてくれました。

海で泳いだことなんてほとんどなく、最初は怖かったのですが『ライフジャケットを着ているので絶対に沈まない』との、インストラクターの言葉を信じ、ボートからドボン!

一度海に入ってしまったら結構大丈夫!だてに長いこと生きてないわ。根性が座っとる。でもカップルの女の子はひどく怯えていて、インストラクターと彼氏が付きっきり

私たち2人は前も後ろもわからず、バタバタと泳いでいたら『勝手に行くな~』と怒られちゃった。(冗談ぽくですよ。)

青の洞窟は人気スポットで、洞窟内は人でいっぱい!芋の子を洗うような時もあるそうなんですが、この日はたまたま、本当にたまたま誰もいなかった!

洞窟内には5人だけ。本当にこんな事珍しいそうで、インストラクターの方もビックリ!本当に良い経験ができました。

内心『ほんまかいな?』と思っていたのですが、次の年沖縄に行って、シュノーケルしたときに頼んだツアーの方も『青の洞窟は人が多すぎ。できれば行きたくない!』と言っていたので本当のようです。

この500円オプションがきっかけで、シュノーケルにハマってしまいました。人生何が起こるかわかりませんね。

1日目ディナー。ホテルモントレ沖縄のバイキング500円!

2日目 うたばす利用

古宇利オーシャンタワーに行きました。これは下から見た古宇利大橋。

下から見た古宇利大橋

古宇利オーシャンタワー内部、貝の展示なんかもあります。

ヒオウギ貝の展示

古宇利オーシャンタワーからの眺め。古宇利大橋。

上から見た古宇利大橋

沖縄本島北部・今帰仁村の観光スポット、古宇利島に建つ展望塔「古宇利オーシャンタワー」の公式サイトです。展望塔をはじめオーシャンビューの絶景を望むカフェとレストラン、島限定スイーツが話題のショップ、貝の博物館などが楽しめる観光複合施設です。

ナゴパイナップルパーク。カートに乗って園内を回ります。小っちゃいパイナップル。

観賞用パイナップル

南国って感じでしょ?

南国の花

こんなに大きなパイナップルパフェも付いてました!

大きなパイナップルパフェを見て驚く女性

沖縄県名護市にあるナゴパイナップルパークは、パイナップルをはじめ、南国のフルーツや、鮮やかな植物がいっぱいのテーマパークです。

美ら海水族館にも行きました。

ジンベイザメ

チンアナゴ

チンアナゴ

水草を手にもって食べるマナティー。キュート!!

水草を食べるマナティー

ウミガメもいました。

水槽で泳いでいるウミガメ

オキちゃん劇場。イルカのショーです。

イルカショーのジャンプしているイルカ

沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)は、沖縄本島北西部の本部半島備瀬崎近くにある海洋博公園内の水族館。「チュらうみ」とは沖縄の言葉で「清ら(しい)海」という意味。

2日目ディナー。500円で島唄ライブ居酒屋。

お刺身、天ぷら等

島唄ライブも見れます。

太鼓を叩いている女性と三線を引く男性

3日目 うたばす利用

首里城

首里城

首里城は、琉球王国の幾多の興亡を伝える歴史の証人。琉球の島々を治め、中国、日本、朝鮮、東南アジアの国々と外交、貿易を展開した首里王府の司令塔として、王とその家族等が住み、華麗な王朝文化に彩られた空間でした。

斎場御嶽(せーふぁうたき)。世界文化遺産です。

斎場御嶽(せーふぁうたき)

琉球王国の創世神「アマミキヨ」が作ったといわれる琉球王国最高の聖地、世界文化遺産「斎場御嶽」

おきなわワールド内の玉泉洞。東洋で最も美しい鍾乳洞だそうです。

玉泉洞の石の看板

年間100万人が訪れる、東洋で最も美しい鍾乳洞 玉泉洞は、我々ホ...

玉泉洞内部はこんな感じ

玉泉洞の内部

ブクブクー茶(琉球茶菓子付き)も付いていたよ!

ブクブクー茶と琉球菓子

こんな亀もいました。

陸ガメ

3日目のディナーも500円!沖縄料理のコース。

海ぶどうのサラダ等

こんなお鍋も付いてました。あぐー豚です。

豚肉のお鍋

JALの飛行機。ジンベイザメバージョン。

ジンベイザメの絵が描かれている飛行機

さようなら沖縄~

空から見る沖縄の海

空から見る沖縄の海

那覇空港で買った大東寿司。美味しいよ。

大東寿司の箱

オプション料金比較表

『うたばす』『居酒屋』はどう安く見積もっても

  • 『うたばす』1日3000円
  • 『居酒屋』1件分2500円

として比較してみました。この差はすごい!21,146円も得しました!!

こちらの記事もあわせてどうぞ

こんにちは。『ダメもと』です。 私は沖縄が大好きで何度か訪れているのですが、ほとんどが『JALパック沖縄を遊ぼう』で行っているんですね...

2016年、2017年で利用した500円オプションまとめ

2016年、沖縄本島

2016年度は確か一律500円ではなかったです。その年によって値段や行ける場所は変動するようです。

かりゆしアーバンリゾート・ナハのバイキングディナー1000円

バイキングディナー

2016年、JALで何かが(失念!すんません。)55周年。550円でステーキが食べれました。

ステーキ

ここからは『うたばす』利用、2016年は確か1000円でした。

琉球村500円

水牛

琉球村のミルク様

沖縄のミルクという神様

沖縄観光は琉球村へ!琉球村は沖縄の文化・芸能・自然を見て体感できるテーマパークです。

Gala青い海(海と塩の博物館的な所です)『うたばす』利用でここで使える1000円クーポンをくれたのでピザを食べました。

ピザとパスタとサラダ

Gala青い海からの景色
海の景色

Gala青い海 | ガラ青い海 沖縄 読谷村 体験とお食事 琉球ガラス 陶芸

残波岬へ

残波岬灯台

ビオスの丘へ

ビオスの丘500円

白黒柄のヤギ

かわいい水牛の『のぞみ』君

水牛のアップ

水牛車も乗りました。(500円に込みでした)

水牛車を引く水牛

水牛車を引く水牛の後ろ姿

水牛と記念撮影している2人の女性

ビオスの丘は、沖縄県うるま市に位置し、亜熱帯の森で、子供から大人、お年寄りまでがゆったりと遊べる観光施設です。

2017年は久米島へ

2017年は一律500円に戻っていました。

『バーデハウス久米島』というスパ施設の近くにある畳石。もちろん『バーデハウス久米島』にも行きましたよ。

畳石と海

はての浜ツアーも500円。こんなボートに乗って行きます。

グラスボート

青い海

この年私たちはシュノーケルをしたかったので500円ツアーは断念。『久米島海洋レジャー』さんにお願いしました。

泳ぐ気満々のファッション

砂浜でピースサインをする女性

砂浜でポーズをとる女性

久米島沖に浮かぶ真っ白なビーチ『はての浜』へのツアー開催中!! グラスボート遊覧付きが魅力!!クマノミやウミガメに出会えることも!? 【久米島海洋レジャー お問い合わせ】 所在地:沖縄県島尻郡久米島町宇根1724-13泊フィッシャリーナ内 電話:098-985-8779(携帯080-3188-9151) メー...

久米島滞在は『リゾートホテル久米アイランド』

リゾートホテル久米アイランド外観

このディナーが500円!こちらは洋食。

洋食ディナー

こちらは和食。

和食ディナー

ホテル内に蝶々の温室もありましたよ。

花に止まる蝶々

ヤギも飼われています。パンダヤギ。

白茶のヤギ

ホテルの裏側には牛舎もありました。

3頭の黒い牛

いい色の子牛。

薄茶色の子牛

久米島のリゾートホテル、久米アイランド。イーフビーチまで徒歩1分、ハテの浜までのツアーもご案内しております。ゆったりとした客室と久米島の海の幸を使った料理が自慢のリゾートホテルです。

最終日沖縄本島へ戻り、『パシフィックホテル 沖縄』でのステーキディナーも500円!

ポタージュスープ

野菜サラダ

ステーキディナー

残念ながら今年2018年はステーキディナーは無くなっていました。バイキングはあるようです。

どう考えてもやっぱりお得!

いかがでしたか?どう考えてもやっぱりお得なんです!JALパックって高いイメージあったんですけど、こんなにお得なプランもあるんですね。

一度行ったら病みつきで、私たちは何度も『沖縄を遊ぼう』を利用しています。

知らない人も多くて、『うたばす』で一緒だったご夫婦は『古宇利オーシャンタワー』『美ら海水族館』などで、それぞれ入館料を払っておられました。

事前に下調べをして是非ともこのオプションを使ってお得に旅を楽しみましょう!

以上。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする