令和2年(年末調整)基礎控除申告書の書き方。記入例を簡単に解説。

HOW TO

 

こんな人にオススメ

年末調整の書類で

  • 去年こんな書類、書いたっけ?
  • 上部の氏名と住所だけで良かったっけ?
  • 難しい事はいいから、どこに何を書いたらいいのか知りたい!

 

こんにちは。「ダメもと」です。

去年こんな書類、書いたっけ?と思ったあなたは正解です。

令和2年から年末調整の書類に「給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書」が新たに加わりました。

 

令和2年1月1日~12月31日までの合計所得が2500万円以下の従業員が記入・提出する、今年始めて書く書類になります。

 

給与所得者の基礎控除申告書」は会社から給料をもらっていたら、アルバイト・パートであろうが、正社員や契約社員であろうが、ほぼ全員が書かなくてはいけません
今回は「給与所得者の基礎控除申告書」のみにスポットをあてて解説します。
ちなみに氏名と住所だけで良い書類は「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」になります。(ただし単身世帯で配偶者や扶養家族等がいない方の場合です。)
スポンサーリンク

基礎控除申告書の書き方

基礎控除申告書・表面

画像引用:国税庁ホームページ

今回は「基礎控除申告書」のみの解説になります。赤枠の部分ですね。

 

記入するにあたって申告書裏面の【給与所得の金額の計算方法】が必要になります。

基礎控除申告書・裏面

非常に小さくて見にくく、またややこしいので、以下の表を参考になさって下さい。

 

書類裏面の「所得金額計算表」

収入金額所得金額
1円以上~550,999円以下0円
551,000円以上~1,618,999円以下収入金額-550,000円
1,619,000円以上~1,619,999円以下1,069,000円
1,620,000円以上~1,621,999円以下1,070,000円
1,622,000円以上~1,623,999円以下1,072,000円
1,624,000円以上~1,627,999円以下1,074,000円
1,628,000円以上~1,799,999円以下収入金額÷4=A円(1,000円未満は切り捨て)
A円×2.4+100,000円
1,800,000円以上~3,599,999円以下収入金額÷4=A円(1,000円未満は切り捨て)
A円×2.8-80,000円
3,600,000円以上~6,599,999円以下収入金額÷4=A円(1,000円未満は切り捨て)
A円×3.2-440,000円
6,600,000円以上~8,499,999円以下収入金額×0.9-1,100,000円
8,500,000円以上収入金額-1,950,000円

基礎控除申告書┃記入例①

  • 時給1,000円
  • 一日5時間
  • 月20日程度勤務
  • カレンダー通りの出勤

です。

それでは早速書いていきましょう。

基礎控除申告書・記入前

まずは①~④を記入します。

①収入金額

1月~11月までの合計金額を給料明細から調べます。

給料明細がない場合は、給料が振り込まれた金融機関の通帳より、1月~11月の合計を出して下さい。

12月分は見積もりでOK

例えば「15日締め、25日払い」なら

  • 11月は10日出勤
  • 12月は11日出勤

合計21日出勤

12月の見積額

1,000円×5h×21日=105,000円

になりますね。

1月~11月の合計額が1,100,000円とします。

①収入金額

1月~11月の合計+12月の見積額

1,100,000円+105,000円=1,205,000円

①の収入金額に1,205,000円と記入します。

基礎控除申告書①

②所得金額

裏の表から計算します。

収入金額が1,205,000円になったので以下の表に当てはまります。

551,000円以上~1,618,999円以下収入金額-550,000円

 

②所得金額

1,205,000円-550,000円=655,000円

になります。

 

②に655,000円と記入します。

基礎控除申告書②

 

③給与所得以外の所得の合計額

(2)①の給与所得の他にも所得がある場合は記入します。

 

例えば「事業所得」「雑所得」「配当所得」「不動産所得」「退職所得」その他もありますが、詳細は国税庁HP「給与所得以外の所得の種類等(令和2年分)」で確認しましょう。

特に無ければ0円でOK。

基礎控除申告書③

④あなたの本年中の合計所得金額の見積額

②と③の合計を記入します。

基礎控除申告書④

②+③=④になります。

④に655,000円と記入します。

控除額の計算

続いて下段の記入です

④が900万円以下なのでココにチェック。

基礎控除申告書900万円以下チェック

区分Ⅰ

900万以下なのでAと記入します。

基礎控除申告書区分Ⅰ

区分Ⅰの欄は書類右側の「配偶者控除等申告書」に関わってくる欄のため、独身の方や配偶者控除・配偶者特別控除を受けない、つまり「配偶者控除等申告書」を記入しない方は空欄でもOKです。

 

基礎控除の額

900万円以下なので480,000円と記入します。

基礎控除申告書基礎控除の額

 

以上です。お疲れ様でした!

基礎控除申告書┃記入例②

  • 時給1,000円
  • 1日8時間フルタイム
  • 月20日程度勤務
  • カレンダー通りの出勤

です。

それでは早速書いていきましょう。

基礎控除申告書記入前

 

まずは①~④を記入します。

①収入金額

1月~11月までの合計金額を給料明細から調べます。

給料明細がない場合は、給料が振り込まれた金融機関の通帳より、1月~11月の合計を出して下さい。

12月分は見積もりでOK

例えば「15日締め、25日払い」なら

  • 11月は10日出勤
  • 12月は11日出勤

合計21日出勤

12月の見積額

1,000円×8h×21日=168,000円

になりますね。

1月~11月の合計額が1,760,000円とします。

①収入金額

1月~11月の合計+12月の見積額

1,760,000円+168,000円=1,928,000円

 

①の収入金額に1,928,000円と記入します。

基礎控除申告書①

②所得金額

裏の表から計算します。

収入金額が1,928,000円になったので以下の表に当てはまります。

1,800,000円以上~3,599,999円以下収入金額÷4=A円(1,000円未満は切り捨て)
A円×2.8-80,000円

 

②所得金額
1,928,000円÷4=482,000円
482,000円×2.8-80,000円=1,269,600円

になります。

②に1,269,600円と記入します。

基礎控除申告書②

③給与所得以外の所得の合計額

(2)①の給与所得の他にも所得がある場合は記入します。

 

例えば「事業所得」「雑所得」「配当所得」「不動産所得」「退職所得」その他もありますが、詳細は国税庁HP「給与所得以外の所得の種類等(令和2年分)」で確認しましょう。

特に無ければ0円でOK。

基礎控除申告書③

④あなたの本年中の合計所得金額の見積額

②と③の合計を記入します。

基礎控除申告書④

②+③=④になります。

④に1,269,600円と記入します。

控除額の計算

続いて下段の記入です

④が900万円以下なのでココにチェック。

基礎控除申告書900万円以下チェック

区分Ⅰ

900万以下なのでAと記入します。

基礎控除申告書区分Ⅰ

区分Ⅰの欄は書類右側の「配偶者控除等申告書」に関わってくる欄のため、独身の方や配偶者控除・配偶者特別控除を受けない、つまり「配偶者控除等申告書」を記入しない方は空欄でもOKです。

 

基礎控除の額

900万円以下なので480,000円と記入します。

基礎控除申告書基礎控除の額

以上です。お疲れ様でした!

給与所得者の基礎控除申告書の書き方┃まとめ

基礎控除申告書の書き方は以上になります。

年末調整の書類は1年に一度しか書かないので、毎年「どうやって書くんだっけ?」ってなるのは私だけですか?

 

この記事は来年の私に向けての記事でもあるんですよね。

来年も書類の様式が変わりませんように…。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました