潮岬 橋杭岩 までサイクリング!本州最南端の景色が美しすぎる

こんにちは。大江戸温泉物語で南紀串本に行ってきました『ダメもと』です。

今日はレンタサイクルで潮岬まで行きますよ。

2018年10月26日(金)

朝風呂の後に朝日

せっかくの温泉なので朝風呂へ。朝日が昇る時間に合わせて5:30ぐらいに大浴場へ。

昨日撮った日の出の時刻。今日は6:09に朝日が昇るらしい

明日の日の出の時刻の看板

年齢層が高いため、みんな目覚めが早いのか?昨日の夕方よりも大浴場は混み合っていました。と、言っても平日なので嫌になるほどは混雑していません。

朝日を見に展望テラスへ

朝日を見に展望テラスへ行ってみました。展望テラスは最上階にあります。

大島という島が真ん前にあります。その辺りから朝日が昇るらしいのですが、ちょっと曇っていますね。

大島

それでも段々とオレンジになってきた。

空が朝日でオレンジ

おおっ、もう少しか!何組かのおばちゃんとカップルも見に来ていましたよ。

雲の間から少しだけ太陽

後光がさしてきました。

後光がさしている

惜しい!あの雲が無ければ…。

雲の間から太陽

海に朝日が映ってキレイです。寒くなってきたのでそろそろ部屋に戻ろう。

海に映る太陽

部屋からの眺め。展望テラスに上らなくても部屋から充分見えました

部屋から見る朝日

本日の朝食

本日の朝食はバイキング

細かく切ったお刺身やシラスなどが盛り放題の『のっけ丼』が大人気。みんな群がっていました。私はのっけないで別盛に。さんまのみりん干しも柔らかくて美味しい。

朝食バイキング

わはは~!姉ちゃんサラダ取り過ぎ!

サラダを2皿

和食以外に、もちろん洋食も豊富。数種類のパンやパンケーキなんかも。ヨーグルト、フルーツもありますよ。

バイキング会場

2日目の過ごし方

2日目の過ごし方。帰りのバスが15:30なので、それまでどう過ごすか?

出発前に考えていた候補は2つ

  • 南紀串本限定!季節の観光オプショナルツアー』に参加する
  • 徒歩で『橋杭岩』を観光

南紀串本限定!季節の観光オプショナルツアー

1つ目は『南紀串本限定!季節の観光オプショナルツアー』。宿泊者限定の観光バスツアーです。『海・山・川の自然が創る魅力に出会う 串本・古座の魅力発見ツアー』と言うもので、滝や岩を巡ります。昼食付(お弁当)で税込み3,218円

詳しくはこちら

橋杭岩まで徒歩で

2つ目は自力で『橋杭岩』まで徒歩で行って観光。大江戸温泉物語南紀串本から橋杭岩までは徒歩で約16分。『橋杭岩』には『道の駅くしもと橋杭岩』もあるので、ゆっくりとお土産でも見て過ごす。

チェックアウトが11:00なので、ギリギリまでお部屋で過ごしてから行っても余裕で観光できます。

と言う、上記2つのプランを立てていたのですが…。急遽変更

なぜなら、部屋のチラシに『レンタサイクル』があるとの情報が。そうなると話は変わってくる。昨日の夜のうちにフロントに質問しに行ってみた。

レンタサイクルは電動自転車で5台用意があるとの事。

3時間1500円。1日2000円。

チラシの情報は『大江戸温泉物語 南紀串本』より、いずれも片道

  • 橋杭岩まで5分
  • トルコ記念館まで60分
  • 串本海中公園まで60分
  • 潮岬まで60分

せっかくなので本州最南端の潮岬に行ってみたい!電動と言えども自転車で本当に行けるものなのか、フロントの方に聞いてみたら行けるとの事。

レンタサイクルは5台しかないけど、年齢層が高い為あまり自転車に乗る人はいないので余裕で借りれそうです。

それじゃあ、ちょっと頑張ってみるか。

朝食の後に念のためレンタサイクルの予約を入れました。

潮岬までサイクリング

今日の予定は潮岬までサイクリングする事に決定。少し小さめの電動自転車です。地図をもらい9:00少し前に出発。

8時52分を指すデジタル腕時計

こんな感じの少し小さめの電動自転車です。小さいけど、なかなかパワーがあります。

電動自転車2台

今日はこのルートで回ります。

フロントでもらった地図で説明します。

  • 『大江戸温泉物語 南紀串本』の玄関を出て左へ。
  • 突き当りを右へ
  • 信号を左へ(角にハローワークがあります)
  • 国道42号線に出たらひたすら真っ直ぐ

潮岬までの地図1

続き

  • 国道42号線を真っ直ぐ進むと右手にファミリーマート
  • 少し過ぎたら右へ
  • 潮岬東入り口から緑の道に入ります

潮岬までの地図2

自転車の場合、潮岬東入口の方が楽です。西入口からだとかなり登り坂が続きますので、東入口から行くことをオススメします

潮岬東入り口に看板があります。

潮岬まで6.2kmの看板

緑の道に入ったら後は道なりです。ここからは国道41号線に変わります。

一つ注意は、途中のくしもと大橋で左の道へ入らない事。大島へ渡ってしまいます。

潮岬までの地図3

ピーヒョロロロー。空を見上げるとトンビがたくさん飛んでいた。

空を飛ぶトンビ

こんなトンネルもくぐりますよ。

出口が見えているトンネル

潮岬周遊線の標識

海沿いを走るので気持ち良い!くしもと大橋が見えてきた。

海の岩場

大島へ渡るくしもと大橋。橋までのカーブの道がきつそう?

くしもと大橋手前のカーブ道

くしもと大橋

串本の海はかなりの透明度。とてもキレイ。

透明な海の水

こんなトンネルも。とても短いですが、車通りも結構あるので注意が必要!

トンネル

所々、アップダウンはあります。登り坂が見えてきた。電動自転車なのでらくらくです。

登り坂を自転車で走る女性の後ろ姿

潮岬青少年の家を過ぎてもドンドン行きます。

潮岬青少年の家の看板

潮岬らしきものが見えてきた。

遠目に見る潮岬

あれは潮岬観光タワーか?

少しだけ見える潮岬観光タワー

潮岬に到着

10:30頃、潮岬に到着!本州最南端です。

『大江戸温泉物語 南紀串本』から60分と言うことでしたが、途中何度も止まって写真を撮ったり、景色を見たりしました。それでも1時間30分程で到着できましたよ。

本州最南端の石碑

潮岬観光タワー

潮岬観光タワー

潮岬観光タワー内のレストランで話題の近大マグロもいただけます。

詳しくはこちら

世界遺産熊野を拠点に那智山・熊野三山への観光バス・路線バスや、瀞峡をめぐるウォータージェット船を運営しています。

潮風の休憩所に入ってみました。

潮風の休憩所の説明板

潮岬へようこそと書いてあるポスター

こんな展示品も。

ダイバー・ヘルメットの説明書き

すごいね。貴重なものなんだろうなぁ。

昔のダイバー・ヘルメット

本州最南端の大地の説明書き

お散歩ワンコ

お散歩ワンコと交流。こんにちは。

座っているラブラドールレトリバー

薄茶のラブラドールレトリバー

こんな広い所でワンコも幸せそうに笑っている。

ラブラドールレトリバーのアップ

本州最南端に来た犬。

こちらを向いているラブラドールレトリバー

本州最南端をアピール

本州最南端の郵便ポスト

本州最南端の石碑

本州最南端に別れを告げて…。

遠目に見る潮岬観光タワー

潮岬灯台へ行ってみましょう。

潮岬灯台の道路標識

潮岬灯台に入るには大人200円。灯台に上らなくても、この敷地に入るのに200円必要です。

潮岬灯台入り口

潮岬灯台は田辺海上保安部が管理

潮岬灯台

灯台の右側には潮御﨑神社が。

潮御﨑神社

さて帰りはぐるっと回って、潮岬西入口を目指します

木のトンネル

なんだか味のある木のトンネル。ちょっと沖縄っぽい気もする。

木のトンネル

先ほどの潮岬灯台が遠くに見えます。

遠くに見える潮岬灯台

帰りの道も海岸線を走ります。

カーブしている海岸線

道沿いにこんな実がなっていました。なんだかオリーブに似ています。串本にオリーブってなるのかな?

オリーブのような実

道端の野草や花もキレイ。

オレンジの花

小さな紫の花

やはり本州最南端。南国っぽいんですよ。

ソテツの木

と思っていたら、ハイビスカスも咲いていました。

赤いハイビスカスの花

そろそろ串本の町が見えてきた。

高台から見る串本の町

潮岬西入口に出てきました。

潮岬西入口の道路標識

潮岬西入口に出てきたら、信号を右に曲がると潮岬東入口に戻れます。

後は行きと同じ国道42号線に入ります。

橋杭岩まで

橋杭岩まで足を延ばしてみました。国道42号線に入るとひたすら真っ直ぐ北上。

大江戸温泉物語 南紀串本』から行く場合は玄関を出て右へ。橋杭小学校で左へ曲がると国道42号線に出るので、信号で右へ。後はひたすら真っ直ぐ北上。自転車で約5分です。

橋杭岩までの地図

国道42号線を走っていると、左手にJR串本駅が見えます。『大江戸温泉物語 南紀串本』よりは随分と手前ですよ。

JR串本駅

標識が見えてきた。

橋杭海水浴場の道路標識

橋杭岩の手前にある『おざきのひもの』に立ち寄りました。ひものがたくさん売られていますよ。美味しそうだな。

たくさんの魚のひもの

橋杭岩に到着

橋杭岩に到着。

橋杭岩の説明書き

橋杭の立岩伝説

天の邪鬼は「我こそは世界一の知恵者」と思っていて、弘法大師の鼻をあかしてやりたいと思い、[大島と陸地の間に橋を架けよう」と誘う。

②「それが良い」と弘法大師も賛成。天の邪鬼は、いかに偉い弘法大師でも一夜で橋を架けることはできまいと「一晩と時間を限って架けくらべをしよう」と提案。

③先攻は弘法大師。天の邪鬼がそっと窺っていると、弘法大師は山から何万貫もの巨岩をひょいと担いで2~3時間のうちに橋杭を並べた。
天の邪鬼はびっくりして「このままでは夜明けまでに橋ができてしまう」と思い、何とか邪魔する方法を考えて…。

④「コケコッコー」と大声で鶏の鳴き真似をした。すると弘法大師は「もう夜が明けた」と思い、仕事を中止。

その時の橋杭の巨岩が残っている』のが橋杭岩って訳です。

橋杭の立岩伝説の説明書き

本州最南端の道の駅『くしもと橋杭岩

道の駅『くしもと橋杭岩』外観

橋杭岩の看板

橋杭岩。本当に橋の杭みたいです。

橋杭岩

丁度干潮の時でかなり岩の近くまで行けました。

岩場の近くに白波

左側の岩、犬の横顔に見えませんか?

犬の横顔のような岩

道の駅には美味しそうなものがいっぱい!

サザエのつぼ焼き・だんご

梅の商品もいっぱい。

梅製品

『みかポン』いいですね。ゼリーもジュースも美味しそうです。

ミカン製品

マグロの唐揚げ。マグロのメンチカツバーガー。マグロの唐揚げはすごい弾力でビールにとても合いそうな味付け。

マグロの唐揚げとマグロメンチカツバーガー

みかんソフトクリーム。

みかんソフトクリーム

浜ゆで貝のとこぶしを食べたかったのですが売り切れ。残念。その代わりにさんま寿司を購入。晩ごはんに頂きました。

さんま寿司

帰り道、橋杭海水浴場で発見。夏は色んなアクティビティもできそうです。

シーカヤックなどのアクティビティができる建物

と言う訳で、今回のサイクリングは大成功!美しい景色も堪能。釧路旅行・塘路の『リベンジサイクリング』ができましたよ。

辛かった!恐怖の塘路・サイクリングはこちら

こんにちは。釧路の旅4日目の『ダメもと』です。今日は塘路(とうろ)でサイクリングをしますよ。 2018年10月14日(日) ...

直行バスで帰ります

行きと同様、直行バスで帰ります。私たちのバスは15:30に出発。

出発の15分前になると放送で教えてくれます。

帰りの1回目のトイレ休憩は『道の駅 くちくまの』20分間です。ここでミカンが100円で売っていました。迷わず購入。もちろんおばちゃん達も買っていました。

道の駅『くちくまの』外観

犬の鳴き声がする!と思ったら、可愛いのがいました。

犬の後ろ姿

こっち来た!

茶色のトイプードル

ち、近い。

茶色のトイプードルのアップ

のびのび~!

伸びをするトイプードル

この日は金曜日なので少々渋滞している模様。終点の新大阪に着くのが遅れるかもと、運転手さんの情報。

2回目のトイレ休憩は行きと同じく『紀ノ川サービスエリア』15分間です。

高速道路ではそれほどの渋滞もなく、なんばに到着。

行きはOCATから乗りましたが、帰りはOCAT近くの四ツ橋筋の道路上で降ろされました。なんでも、この時間帯はOCATに入れないのだそう。

西梅田、新大阪の方は行きと同じ場所で降ろされるそうです。

今回のお土産

和歌山感あるでしょ?

和歌山のお土産

やっぱり那智黒はひと味違うような気がする。

黒あめ那智黒

これ、美味しそうでしょ?『おざきのひもの』で購入。

ぶっかけいわし飯

梅にんにく。食べだしたら止まらないんですよね。

梅にんにく

じゃばらデニッシュ。道の駅『くしもと橋杭岩』で購入。

じゃばらデニッシュ

白あんの甘味と、じゃばら果汁の酸味・苦味もあり不思議な味。

じゃばらデニッシュの原材料表

『道の駅 くちくまの』で購入の100円ミカン。甘かったよ。

100円のミカン・6個入り

梅プレッツェルも購入。

和歌山限定・梅プレッツェル

旅行費用公開

今回の旅行費用を公開します。

旅行費用の表

となりました。

*徴収金とは、交通費とか食費とかお土産代とか…いろいろありますよね。それを一人いくらって前もって決めておいて(今回の場合は10,000円)会計担当の姉に預けておきます。すべてにかかるお金を、そこから出すようにして、余ったら折半するようにしてますね。私たちは家族なので、今までの旅行はずっとこの方法でやってきました。でも友達やカップルには不向きなのかな?

今回徴収金は10,000円でしたが、そんなに使っていません。ちょこっとお茶買ったり、お土産買ったりだけでしたので。

大江戸温泉物語 南紀串本のまとめ

いかがでしたか?初めての『大江戸温泉物語 南紀串本』の旅。大阪に住んでいるものとして、串本って結構遠い。JRで行こうと思ったら結構な金額になるんですよ。

(例)大阪駅~串本駅 往復11,880円

それが往復直行バス・3218円で行けるのは、それだけでも超お得だと思いました。

ただし、バスは大阪のかしましいおばちゃん達ばかりなので、かなりうるさいです。

そしてバスの中はおかきの匂いが充満します。

私は大阪人(&私もおばちゃん)なので、そんなには気になりませんが。(若い子のキャピキャピ声や小さい子の泣き声、中国人団体客の方が耳につく方なので。)

行きも帰りもずーっとしゃべっています。ホントに感心するぐらい元気です。

帰りはちょっと疲れてるから静かかな~?と思っていましたが、全く疲れを見せず全力でしゃべり続けていました。す、す、凄すぎる。

それを踏まえてだったら、直行バスは楽ちんなので良いものですよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする