早朝カヌーツアー 朝もやに煙る幻想的な世界 丹頂鶴やエゾシカも

こんにちは。釧路の旅5日目の『ダメもと』です。今日は楽しみにしていた『早朝カヌーツアー』に行きますよ。

2018年10月15日(月)

早朝カヌーツアーに出発!

早朝カヌーツアーは6:00出発のため起床は5:00。この日の早朝の気温なんと2~3℃!大阪の真冬でも中々ならない気温。

今持っている全ての服を着る勢いで準備を進めます。ヒートテック上下・ダウンジャケットは絶対にいりますよ!

昨日は真っ暗で宿の外観を撮れなかったので早朝にパチリ。朝もやに煙っています。

とうろの宿外観

スガワラと言うところから、ご主人と私たち3人でカヌーに乗り込みます。ちなみにご主人は『RED WARRIORS(レッドウォーリアーズ)』のベーシスト。ロックです。

スガワラの看板

いざ出発!

カヌーの先端

宿の奥さんが濡れてもいいシャカパンと長靴を貸してくれました。

長靴の足元

朝もやで川から湯気が上がっているみたい。

朝もやの風景

だんだんと太陽が昇ってきます。

太陽と木

幻想的な風景。

葦と太陽

どこを切り取っても絵になる。

木と太陽

エゾシカがいました。おはようございます。

川に入っているエゾシカ

二本松橋の下をくぐります。

下から見る二本松橋

丹頂鶴発見!おはようございます。

つがいの丹頂鶴

朝日がまぶしい。

大きな太陽

また丹頂鶴いたよ!さっきのとは違うつがい。丹頂鶴のテリトリーに人間がお邪魔しているので遠くからそっと観賞します。『お邪魔します。』

つがいの丹頂鶴

この時期は子育てが終わっているので、丹頂鶴も比較的穏やかだそう。でも大きな声を出すのは厳禁ですよ。

水に顔を付けている丹頂鶴

途中でティーブレイク。奥さんが焼いた手作りバナナマフィン

バナナマフィン

カヌーを漕ぐパドルをテーブル替わりにして、あったかい紅茶と共に。ちなみにカヌーはブレード(漕ぐ部分)が片側にしかありません。シングルブレードパドルと言うそう。

カヌーのパドルの上に置いた紅茶とバナナマフィン

ティーブレイクも終わり、またまた漕ぎ出します。

川から朝もやが上がっている

今回見られた丹頂鶴は大体つがいで行動していました。仲良し。

つがいの丹頂鶴

すっかり日も昇り、青空が見えてきた!

青空と川

ポカポカあったかくなってきて気持ちいい!

川の風景

これは塘路湖に浮かぶ『ベカンベ』。菱の実だそうです。食べられます。塘路駅前の売店で『ベカンベ入り芋もち』があるそうなのですが、ノロッコ号が走っている時期しか開いてないそうで、私たちが行った時は閉まっていました。食べたかった。残念!

ベカンベ(菱の実)

最終地点、塘路湖までやってきました。カモが泳いでいます。

湖面を泳ぐカモ

湖面に青空が映って美しい。

塘路湖の湖面に映る空

今日も良い天気になりそうだ。

塘路湖の湖面に映る木々

早朝カヌーツアー、良い経験ができました。

塘路湖と太陽

日によって違うそうですが、この日は川の流れが割とあり途中まではほとんどカヌーを漕がないで行けました。ご主人が『漕ぎたい時にちょっとだけ漕いでみて。後はゆっくりと景色を楽しんでね。写真もいっぱい撮ってね。』とおっしゃられて、お言葉に甘えました。もちろんご主人はずっと漕いでくれていましたよ。ありがとうございました。

塘路湖と山並み

本日の朝ごはん

早朝カヌーツアーから帰ってきて朝ごはんです。

朝ごはんの説明書き

電車の時間が迫ってきている!大急ぎで奥さんが作ってくれました。美味しそう。手作りパンがとっても美味しかった。外はカリッと中はもっちり!最高です。

朝ごはんのメニュー・手作りパンなど

とっても美しくいい宿でした。

とうろの宿・食堂の天井

同じ日に泊まっていたご夫婦が今からカヌーツアーに出発するそうです。このワンちゃんも一緒にカヌーに乗るんだって!楽しんできてね!

車に乗っている犬

塘路駅から釧路駅へ

JR釧網本線で塘路駅9:29発の電車で釧路駅へ向かいます。10:00に釧路駅に到着。

釧路駅外観

温根内ビジターセンター

今日は釧路湿原を散策。釧路駅のコインロッカーに荷物を預けて、釧路駅前10:25のバスで温根内ビジターセンターへ。釧路駅のバス乗り場は駅を出て左側にすぐあります。バスのチケットはバスセンターで購入できます。バス乗り場も広く、どのバスに乗ったらいいのかわからないのでバスセンターの職員さんに尋ねましょう。

釧路駅前から温根内ビジターセンターまで45分程。720円です。

温根内ビジターセンターから釧路湿原展望台まで

温根内ビジターセンターから釧路湿原展望台まで歩いてみました。温根内ビジターセンターの職員さんに地図をもらい出発です。

緑の木々と青空

こんな道をひたすら真っ直ぐ歩きます。

両側に葦がある道

良いお天気だからウォーキングがてらに丁度いい。両側の植物は葦(よし)。葦の間からエゾシカも見えましたよ。

後ろ姿の女性

こんな木道もあります。

木道

途中から木の階段が続きます。

紅葉した木と階段

少々キツイ!ゆっくり休みながら登ります。

木の階段

道にはこんな看板があるので迷うこともありませんよ。

道しるべの看板

あおさぎ広場でちょっと休憩。

あおさぎ広場の看板

この道はほぼヒグマはいないそうなので、食べ物を持ち込んでも大丈夫と温根内ビジターセンターの職員さんに確認済み。

バナナマフィン

釧路湿原展望台に行くまで、いくつかの展望台があります。展望台には何人か人がいましたが、温根内ビジターセンターからこの辺りまですれ違った人はたった一組の夫婦だけ!

釧路湿原国立公園の看板

広大な眺め!

湿原の風景

こちらはサテライト展望台。

サテライト展望台の看板

良い眺め!湿原感がすごい!

サテライト展望台からの眺め

はばたき広場を経て…。

はばたき広場の看板

そろそろ到着か?

湿原展望台駐車場の看板

釧路湿原展望台に到着。ここに車を止めてこちら側から入り、サテライト展望台辺りまで来る人が多いようです。

釧路湿原展望台

湿原展望遊歩道の石碑

湿原展望台から釧路駅へ

帰りは湿原展望台15:10発のバスで釧路駅へ向かいます。釧路には16:00に到着。680円。

釧路駅から本日の宿『釧路センチュリーキャッスルホテル』へ。

釧路センチュリーキャッスルホテル

釧路センチュリーキャッスルホテルは釧路駅から徒歩で約20分。少し遠いですが歩けない距離ではないです。

釧路の町って面白い。どこから流れているのか、スピーカーで自動車学校や冠婚葬祭ベルコのコマーシャルがずっと流れているんです。

建物もたくさんあり、大都会感があるのになぜか人がほとんど歩いていない。ベルコのコマーシャルがまた、寂れ感を増大している感じ…。

ホテルの手前に幣舞橋(ぬさないばし)があり、ここは夕日スポットで有名。丁度夕日が沈む頃に、幣舞橋に到着。

幣舞橋からの夕日

ここまでほとんど人が歩いていなかったのにさすが夕日のスポット。どこから湧いてきたのか、この橋だけは観光客でいっぱい!!

釧路港の夕日

釧路港に沈む夕日がとても美しい。

海に映る夕日

釧路フィッシャーマンズワーフMOO

ホテルでチェックイン後、近くの釧路フィッシャーマンズワーフMOOへ夕食の買い出しに。

MOOの店内にカニのUFOキャッチャーが!

カニのUFOキャッチャー

今まで本当に取れた人っているのか?

毛ガニ

本日の晩ごはん

さて、本日の晩ごはん。釧路フィッシャーマンズワーフMOOで購入した、『さんまんま』と

MOOの向かいのローソンで購入した塩唐揚げ。野菜スティック・味噌マヨネーズ。夕食のメニュー・さんまんまなど

ちょっと軽めの晩ごはん。それには理由があるのです。

酎ハイの缶

ホテル特製鹿肉カレー

なんとここ釧路センチュリーキャッスルホテルでは宿泊者に『ホテル特製鹿肉カレー』を無料で提供してくれるんです。鹿肉カレーのパンフレット

夜食にピッタリのハーフサイズぐらいです。そのお味は…。無料とは思えない美味しさ。甘味もありますが、しっかりスパイスも効いてます。そして鹿肉もちゃんと入っています

これは是非とも食べるべきですね。嬉しいサービス、数量限定です。他の宿泊者の方もたくさん食べに来られてましたよ。

鹿肉カレー

明日は細岡展望台へ行くよ!釧路の旅6日目はこちら

こんにちは。釧路の旅6日目の『ダメもと』です。今日は細岡展望台に行きますよ。 2018年10月16日(火) 釧路は霧...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする