【安い!】スニーカーがボロボロなので靴のヒラキに行ってきた。

日常

スニーカーがボロボロになってきた…

こんにちは。「ダメもと」です。

私はオフィスビルで清掃の仕事をしていまして、大体1日1万歩ぐらい歩きます。

2種類のスニーカーを1日おきで履き替えていますが、それでも1年ぐらいでバカになってくるんですよね。

そこで今回はスニーカーを探す旅に出かけました。

スポンサーリンク

年齢を重ねると足がデカくなる?

今までスニーカーやブーツはネットで買いがちでした。なぜなら私は足がかなり小さめなんです。

さすがにパンプスなどは試着したいので実店舗で買いますが。

しかしながらヒモや中敷きでなんとかなりそうな靴はネットで買っていました。

足が小さいので、とにかく一番小さいサイズを買えばだいたいOK。

ところが40歳を半ばも過ぎたころ、たまたま実店舗でブーツを試着してみると、なんと!かなりきつかったんですよね。

普段はSサイズとか22~22.5cmでしたが、サイズが無くてMサイズを履いてみたところメチャメチャきつい!

「あれ…おかしいな?」

調べてみると年齢を重ねると足のサイズが変わるらしい。

加齢とともにアーチが潰れて足の幅が広くなるのだとか。

長い間、靴といえば何でも一番小さいサイズを選んできた人間からしたら、結構な衝撃でした。

靴のヒラキ▶大阪市内には1店舗のみ

靴のヒラキ今福店
画像引用:神戸経済ニュース

足のためにはそこそこのお値段のスニーカーを買うべきなのでしょうが、いかんせん今現在、人生で一番貧乏と言っても過言ではない私の給料。

ここはとことん安いスニーカーを探すべきです。

安いといえばワークマンの980円スニーカーが思い浮かびます。実際過去に履いていたこともあって、とっても楽チン。

我が家から一番近いワークマンは「ワークマン女子 なんばCITY店」でした。

最近とくにコロナ禍になってから、どこへ行くにも自転車の私。コロナ以降ほとんど電車に乗っていません。

通勤ももちろん自転車です。

なんばCITYに自転車で行くのは、時間もそんなにかからないし余裕なのですが、人が多いなんばにはなんとなく近づきたくない。

あと自転車を止めるのがめんどくさそう。なんばCITY周辺に駐輪場はあるようですが。

そうや!安い靴といえば「靴のヒラキ」があるやん。と突如思い出しました。

ネット通販で買ってもよかったのですが、先ほど書いたようにサイズ問題があります。

また送料無料にするには6,050円以上も買わないといけないんですよね。ちょっと高くないですか?

参考までに

税込6,050円以上全国無料配送
税込3,300円以上~税込6,050円未満税込550円
税込3,300円未満税込880円

です。

昔、靴のヒラキのネット通販を利用したことがありましたが、こんなに高かったっけ?もう忘れましたが。

もともとかなり安いヒラキの靴なので、6,050円以上にするには一体何足靴を買わなあかんねん。

お前はタコか!っちゅう話ですよ。

また、3,300円未満だと880円も送料がかかるなんて、もう1足買えるやん!と言うことになってくる。

やはり現地で買うべきだなと思い、店舗を調べてみると、大阪市内には1店舗のみでした。

今福ファミリータウンです。いやいやどこやねん?

大阪メトロ鶴見緑地線、今福鶴見駅の近くにあります。

ここなら少しですが土地勘があるので、行ってみることにしました。

靴のヒラキ▶今福ファミリータウン店まで自転車で行ってきました

靴のヒラキ 今福ファミリータウン店まで自転車で行くにあたって、グーグルマップで入念に下調べ。

職場(阿波座)から今福ファミリータウンまでは約8km、34分となりました。

しかし地図を見るとどう考えても34分で到着するとは思えません。

単純な道のりなので迷うことはないと思われますが、一応ストリートビューでイメージトレーニング。

8kmもの距離を普通のママチャリでこいだことが今までないため、どれぐらいしんどいんやろ?

かなり不安もありましたが、とにかく行ってみることに。

結果、迷うこともせず難なく到着。

ただし時間はかかる。やはり34分なんかでは到着するわけがないよね。50分かかりました。

とは言え、道が狭いからスピードがあまり出せないのと、信号にやたら引っかかったためだと思われます。

先日の仲本工事さんの交通事故の件があったので、たとえ車が全く来ていなくても、またどんなに小さな信号でも、信号無視しないと遵守して行きました。当たり前ですが。

途中から国道1号線を走るのですが、京橋駅付近に近づくにつれ道は狭くなり人の往来も多いのでかなり走りづらいです。

急がず行こうとチンタラ走っていたら50分もかかってしまった訳です。

安い!スニーカーがたったの858円

黒スニーカー・白スニーカー・黒ぞうり

靴のヒラキ 今福ファミリータウン店はイズミヤの2Fにありました。

店舗の規模はそれほど大きくないです。

余談ですがこのイズミヤもおばあちゃんの病院に付き添いで行った帰りによく立ち寄った懐かしの場所。

靴のヒラキのネット通販でチェックしてみると、レディーススニーカーは1,000円以下で結構種類も豊富。

それを期待して行ったのですが、規模が小さいからかあまり種類は多くなかったです。残念…。欲を言えば、夏にも履けるメッシュ生地(ニット生地?)タイプを求めて行ったのですが。

まぁそれでも1,380円とか1,680円、1,980円なんかの価格帯はたくさんありましたよ。

今回は雨の日でも履けそうなタイプのスニーカーを2足、色違いで購入。

858円(税込み)です。信じられない値段。

履き心地はなかなか良さそう。まだ歩いていないのでわかりませんが。

あと、キルティングモックシューズも購入。748円(税込み)

これ、履いてみるとかわいいし、ふわふわクッションがもちっとしててかなり良いです。

中の生地が温かいので本格的なブーツの季節になる前に活躍しそう。

3足も買って2,467円。良い買い物ができたな。

思い出の地に立ち寄る

さて、良い買い物もできて帰り道。

今回は思い出の地に立ち寄ってみることに。

と言うのも、京橋は私の祖母が住んでいたところ。もう亡くなってずいぶんと経つのですっかり足も遠のいてしまいました。

せっかく京橋付近に来たので今現在どんな感じになっているのか興味があります。

事前にグーグルマップで調査して行ってみました。

おおさか東線の線路

懐かしいわ。この線路、おおさか東線と言うみたいですけど、昔は鉄骨がむき出しで貨物列車が走っていたイメージ。現在はしっかりと囲いがしてあります。

今は普通の列車も走ってるみたいです。あんまり知らんけど。

古いお好み焼き屋の外観

やばい!懐かしすぎて泣きそう。まだあったんや。

このお好み焼き屋さん、何回かおばあちゃんと行ったわ。丸安と書いてマルヤスと読みます。

ここのお好み焼きはなぜか広島風で。そしてなぜか我が家で作るお好み焼きも広島風だったのです。

それは私のお母ちゃんが丸安のお好み焼きを真似て作っていたからなのですね。

お母ちゃんは大阪生まれの大阪育ち。当然大阪のお好み焼きも知っていたはずなのに、めんどくさい方の広島風を焼いていたのが不思議です。きっと丸安のお好み焼きが美味しかったからだと思います。

今みたいにインターネットなんか無い時代だったので、子供の頃はお好み焼きはコレ(広島風)って思っていました。(なんしか情報が無い)

小学校6年ぐらいに友達の誕生日会かなんかで、よそ様の家のお好み焼き(大阪風)を初めて食べて、結構なカルチャーショックを受けたのを覚えています。

今では家でお好み焼きをするときは当然簡単な大阪風(生地混ぜ混ぜタイプ)。だって広島風って裏返すのが難しいんですよ。「私も裏返す~私がやる~」なんて、よくあんなこと子供ながらにやってたな。器用な子供だったのかしら?

もう一度丸安のお好み焼きを食べてみたいけど、おそらくお店はもうやってないでしょう。いくら少なく見積もっても、最後に食べたの25年以上前ですから。四半世紀経ってます。

そうそう、焼きそばも美味しかったなぁ。

私が幼少の頃、お店にはおじいちゃんもいて、たこ焼きや夏場はかき氷もやってたな。たしか駄菓子も売ってた。(どんどん思い出す)

おじいちゃんが亡くなってからは、おばあちゃんが一人でお店を切り盛りしていて、たこ焼きはなくなった。かき氷はどうやったかな…?

あー懐かしい(泣)

今では向かいに立派なマンションが立っていて、

「ここ、前なにやったっけ?」

と浦島太郎状態でした。たしか駐車場だったと記憶していますが。

長い歳月が立つと、こうも変わるかと言うほどに変わってしまうのですね。さみしいな。

京橋の京阪モールで御座候を買う

十二分に思い出に浸ったあとは、京橋の京阪モールに向かいました。

ここも昔よく行ったな。

京阪モールにきた理由はズバリ御座候を買うこと。

御座候、大好物なんですよね。

私が死んだら仏前に供えて欲しい物のベスト3には入るほどに。

ちなみに御座候以外は

  • 赤飯
  • 豆ごはん(うすいえんどうのです)

ですかね。順位はつけがたいな。どうでもいいですが。

つまり豆が好きなんですね、わたし。

御座候おいしいよね。

今回は赤4、白4で購入。

いま御座候は1つ95円(税込み)。8個購入したので760円でした。

安いよね。安いけど、よく買ってた時代はたしか80円台だったような。

久々に買ったのでずいぶんと値上がりした感があります。

御座候の思い出話

御座候を買うといつもこの紙が入っています。お客様の御座候にまつわる思い出話。

これを読むのもちょっとした楽しみ。

私の御座候にまつわる思い出話もちょっとご紹介しましょう。

御座候を初めて食べたのはいつの頃だったか?

このようなお菓子は「回転焼き」や「太鼓饅頭」、「今川焼」など呼び名は数々あれど微妙に味が違う。

御座候はあんこが甘すぎないのでとても美味しい。とくに赤あんは甘さ控えめ、やさしい甘さで好みだ。とは言え赤あんよりは甘く感じる白あんもインゲン豆の一種を使っていて、ゆる~いあんこがこれはこれで美味しい。

子供の頃は白あんのほうが好きだったが、今は赤あんのほうが好き。大人になったからかな?

父も母も健在で5人家族だった頃は赤白5個づつ、計10個を買うのが定番。

いつも買っていた阪神百貨店の店舗は、いつ行っても長蛇の列。

並んでいる間に実演で焼いているのを見るのが楽しみだったな。

順番がくると

「赤5個、白5個」

と、あえて「あん」をつけずに言うのがちょっと通っぽいと思っていて、今でも当時のクセが出てしまう。

ともかく子供の頃に食べた思い出の味が、今でも変わらず食べられることは幸せなことだ。

さしずめこんなところでしょうか?

よく買っていた阪神百貨店の店舗は、本当にいつも行列ができていました。待って買うのが当たり前のように。

今回の京阪モールはガラガラで一人も並んでなくて、すぐに買えました。(15:30ぐらいに購入)

たしかなんばの高島屋で買ったときも、そんなに並んでなかったな。

時間的なこともあるのでしょうが、阪神百貨店はいつ何時でも行列ができているイメージ。最近は阪神百貨店に行ってませんが、今でも並んでいるのでしょうか…?

【安い!】スニーカーがボロボロなので靴のヒラキに行ってきた。|まとめ

大阪城

【安い!】スニーカーがボロボロなので靴のヒラキに行ってきた。まとめです。

靴のヒラキの実店舗、今福ファミリータウン店まで自転車で行ってきました。

ママチャリで約8kmの道のりは少々不安があったものの、難なく到着することができました。ただし時間は50分かかりましたが。

スニーカー2足とキルティングモックシューズ(ぬくぬくのぞうり)と3足も買って2,467円と、靴のヒラキで良い買い物ができて大満足。

やはり貧乏人は多少遠くても足を運ぶべきです。

その後タイトルとは全く関係ない思い出の地と思い出の味を堪能。

また帰り道では大阪城もちらっと見えたのでちょっとした遠足気分を楽しめました。

グーグルマップでざっくりと見てみると、全工程約18kmも自転車(ママチャリ)で走っていました。

なかなかやるな、52歳おばちゃんなのに。まあまあ健康です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました