神戸モンキーズ劇場 でまさか!の出来事こんな経験した事ない!?

こんにちは。『ダメもと』です。

皆さんは『道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク 大沢』 ってご存知ですか?

私は大阪市在住ですが、日帰りで手軽に行ける『道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク 大沢』は、なかなか素敵な施設。

今回はそんな『道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク 大沢』内の『神戸モンキーズ劇場』で起こったまさか!の出来事。

道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク 大沢

まずは『道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク 大沢』のご紹介。

道の駅と言っても一般的に想像する道の駅ではありません。神戸フルーツ・フラワーパークはその名の通り『花と果実のテーマパーク』。

パーク内では四季を通じて色々な花を見ることができます。また広大なフルーツガーデンでは、7月下旬ごろ~10月下旬ごろまで、桃、ブドウ、梨、リンゴ狩りが楽しめますよ。

お食事も、おしゃれなイタリアンレストランバイキングバーベキュー等々、とても充実しています。

小さな遊園地、ゴーカート、神戸モンキーズ劇場や、夏場はプールもありとにかく1日飽きずに楽しめます。

神戸フルーツ・フラワーパークは北神戸の豊かな自然の中で中世ヨーロッパのルネッサンス様式の美しい建物や庭園を中心に数多くの施設が点在する「花と果実のテーマパーク」です。

10年前の出来事

それは約10年前の出来事。日々忙しく働いていた頃『日帰りでもいいから、たまにはどっか行きたい!』と思い、姉と共に(しかし、いつも姉とばっかり遊びに行ってるな…。仲良しなんです。)『神戸フルーツ・フラワーパーク』へ行ったのでした。

電車とバスを駆使し到着。

旅の目的

この日帰り旅の目的は、花を見たり、美味しい料理を食べたり、中世ヨーロッパのルネッサンス様式の美しい建物を見たり…。と色々あるのですが、本当の目的は『神戸モンキーズ劇場』で猿まわしを見る事!

玉の上で曲芸している猿のイラスト

私たちは動物が好きで、ほとんどの旅行に動物を絡めるんですよね。ネットで色々と日帰り旅行などを調べていると、神戸フルーツ・フラワーパークで猿まわしが見れるとの情報が!

猿まわしなんて見たことないかも…。と言う訳で今回は猿まわしが一番の目的になりました。

神戸モンキーズ劇場

『神戸モンキーズ劇場』は関西初のモンキーパフォーマンスショーを行う常設劇場。

劇場は

  • 最大キャパシティ:約600名(ココ大事です)
  • 全天候型
  • 冷暖房完備

の為、雨が降っても大丈夫。快適空間で猿まわしを楽しむことができます。

午前の公演

私たちは午前の公演を見ることに。なので到着後、とりあえずパーク内で神戸モンキーズ劇場を目指しました。

ところがパーク内は思いのほか広く、どこにあるかがわからない。道行くスタッフや売店の店員さんなどに聞きながら、ようやく見つけました。

午前の公演の時間が迫ってきています。急げ!

出来ることなら前列で見たい!

出来ることなら前列で見たいですよね。猿小っちゃいし。後ろの方の席なら絶対に見えないですよ。何せ、最大キャパシティ:約600名(ココ大事です)ですから。だからなるべく早く劇場内に入りたい。

早くチケットを買おう!どこで買うの?ちょっと焦ってきた。目の前の売店の人に聞いたら、その売店で買えるとの事。

早速購入しようとしたら、なんかQRコードを携帯(当時はガラケー)で読み取ったら、割引しますよと。姉は『私わからん。あんたやって~。

スマホでQRコードを撮影

えっ!私もわからん。自慢じゃないけど、私たち2人とも携帯を全然使いこなせない人種。携帯は電話とメールさえ出来たら良い人種なんです。

わからないから、売店のお姉さんに『やって下さい。』とお願いしましたが、お姉さんも他人の携帯だからわかりづらい様子。なぜかおじさんも出てきてあーだこーだしてるうちに、段々と時間が迫ってきた!

もう割引なんて良い!早く入らないと!すると、おじさんが『全然大丈夫ですよ。まだ時間ありますよ。

!!大丈夫ちゃうわーー!こちとらなるべく前列で見たいねん!なにが全然大丈夫じゃ。適当なこと言うなよ、おっさーーーん!)と心の中で悪態をつきながら、結局正規の値段でチケットを購入。

今現在(2018年11月)、入場料金は『ギャランティーシステム』になっているようです。

詳しくはこちら

道の駅神戸フルーツ・フラワーパーク大沢内にある神戸モンキーズ劇場。?道の駅神戸フルーツ・フラワーパーク大沢は豊かな自然に囲まれた、花とフルーツのテーマパークです。神戸観光に来たご家族皆様でお楽しみ頂けます。?日本伝統のエンターテイメントの猿まわしをお楽しみください。

で、どこから劇場内に入るの?『後ろの扉からどうぞ』早く、早くーお姉ちゃーーーん!

扉を開けると…

後ろからみた観客がいない客席

焦りに焦りつつ、扉を開けると…。

何と誰もいない!本当に誰もいない!!嘘やろ?

この時点で開始まで10分は切っていました。??なんで?

ま、まぁまだ時間あるし、とりあえず席に座ろう。もちろん最前列、真正面。

開始5分前

開始5分前を切っても、誰も来ない…。どういう事?4分、3分、2分、1分…。誰も来ない!!

ま、まさか…

神戸モンキーズ劇場 開演!

ステージのイラスト

神戸モンキーズ劇場 開演!まさかの観客、私たちだけたった2人で!

最大キャパシティ:約600名の会場に、観客たった2人でぇーーー!!

司会者登場

舞台の袖から司会者登場。

さぁ皆さん!と言ってもお二人だけですが…。お待たせしましたぁぁ!神戸モンキーズ劇場開幕ですっっ!!

はっ!司会者はさっき売店で『全然大丈夫ですよ。まだ時間ありますよ。』と言っていたおじさん!おじさんは間違っていなかった。わかっていたのですね。

たとえ心の中とはいえ(適当なこと言うなよ、おっさーーーん!)なんて思って悪かった…。

こうして神戸モンキーズ劇場は始まったのです。

緊張につぐ緊張。気が抜けない。

いよいよお猿の演技、猿まわしが始まりました。

これは緊張する。お猿が『なんかいつもと違う?』って顔をしているような気がする。

しかし、たった2人のためにお猿もトレーナーさんも一生懸命にパフォーマンスをしてくれています。私たちもそれに応えなければ!

演技にいちいち頷く。笑う場面は笑う。驚く場面は大げさに『ほほぉ』と驚く。音楽に合わせて手拍子。拍手は大きめに。

緊張につぐ緊張。全く気が抜けない

緊張している女性のイラスト

ショーは20分ぐらいで、お猿とトレーナーさんのペアで3組ほどの入れ替わりがありました。

ショーの後で撮影会

無事ショーも終わり、お猿と撮影してもいいですよタイムがありました。が、当時はデジカメを持っていなかったので撮影はしませんでした。

携帯のカメラでも撮ったら良かったのですが、なぜか当時は『思い出は心の中に』とか言って、写真を撮る習慣が無かったんですね。

今から考えたら、お猿とのツーショット撮り放題の状況。今だったら激写につぐ激写で撮りまくっているだろうなぁ。

写真を撮らなかった代わりに、お猿と握手してもらいましたよ。小さな手でした。可愛かったなぁ。

神戸モンキーズ劇場のまとめ

と言う訳で、神戸モンキーズ劇場にまつわる、まさかの出来事。

こんな事もあるんですね。キャパ600人に、たった2人。それはそれは緊張しました。

たまたまその日は私たち2人だけでしたが、こんな事そうそうある事ではないと思います。良い経験ができました。

10年たっても鮮明に覚えています。写真は無くてもある意味『思い出は心の中に』になっている出来事でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もあわせてどうぞ

こんにちは。『ダメもと』です。 私は沖縄が大好きで何度か訪れているのですが、ほとんどが『JALパック沖縄を遊ぼう』で行っているんですね...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする