2025年大阪万博 大阪市民の生の声 私は全然うれしくない

こんにちは。『ダメもと』です。

2018年11月23日午後(日本時間24日未明)に2025年万博の開催地が大阪に決定しましたね。

しかし万博が大阪に決定したことを素直に喜んでいる人ってどれぐらいいるのでしょう?

はっきり言って喜んでいる人が大勢いるとは思えません。

2025年 大阪万博の概要

  • 開催期間:2025年5月3日~11月3日(185日間)
  • 開催場所:大阪 夢洲(ゆめしま)
  • テーマ:いのち輝く未来社会のデザイン
  • サブテーマ:多様で心身ともに健康な生き方 持続可能な社会・経済システム
  • 入場者想定:約2,800万人

となっています。

開催場所の夢洲


夢洲はもともと2008年のオリンピックに大阪が開催地に名乗りをあげ、選手村として利用する計画がありましたが誘致に失敗。

それ以来手つかずでほったらかしにされていた、いわゆる『負の遺産

はっきり言って今現在は何もありません。そのため大阪の一般市民が行くことはありません。

私なんて『夢洲ってなんやったっけ?』と、その存在さえも忘れていたぐらい。

EXPO’70

大阪万博と言えば1970年に開催されたEXPO’70です。EXPO’70では6400万人以上の来場者がありました。

テーマは『人類の進歩と調和』。当時は今現在のように情報も少ないため、目にするもの何でもかんでも珍しく、どこのパビリオンも長蛇の列。

夏休み期間は大阪の親類などの家に泊まり込み、何度も通うリピーターもいました。

昔と今は違う

でも昔と今は違います。今は何でもかんでもネットで調べられる時代。情報も溢れかえっています。自分が知らない世界でも、ネットで調べると動画や画像が見られる時代。

わざわざ足を運んで見る価値のあるものが、今回の2025年の大阪万博で見れるのかなぁ?と言うのが素朴な疑問です。

昔の映像を見ると、EXPO’70では『月の石』に延々と続く長蛇の列や『携帯電話』『人間洗濯機』など今見たら笑ってしまう物なんかがありますよね。

でもそれらはすべて当時では考えられない夢のような世界。『こんな時代が本当に来るの?ほえぇぇ』と思ったことでしょう。

でも今現在って、よっぽどの事がない限り驚くことって少なくなった。

例えばちょっと前ですが『やりすぎ都市伝説』でMr.都市伝説の関暁夫さんが手にマイクロチップを埋めた話。マイクロチップの利便性として

  • 情報を管理
  • 鍵を開ける
  • 支払ができる
  • お金のペーパーレス化

などが挙げられていて『痛そうやんけ』っていう意味で驚きはしましたが、実際にそんな未来想像できないとは思えない。

実際にスウェーデンでは体内へのマイクロチップの埋め込みが広がっているし、近い将来日本でもそんな事当たり前のことになるかもって想像できる。

私みたいに昭和のおばはんは埋め込みを拒否する可能性は高いけど、平成も終わり次の代に生まれてくる子供たちは確実に埋め込むだろうなぁ。

大阪市民 一個人の意見

ここからは大阪市に住む私、一個人の意見です。

結論から言うと、2025年に大阪万博の誘致が決定されたのは不満です。正直言って全然うれしくない。

人が増える

人ごみ

ただでさえ大阪市内は人が多い。今現在でも十二分に多いです。それに輪をかけて人がなだれ込んでくることにゾッとします。

大阪に限らずですが民泊も問題視されています。わが町も民泊が蔓延していて、明らかに海外旅行者が家族総出でゾロゾロ歩いている姿をよく見かけます。

わがマンションでも民泊禁止が理事会で決定され、『民泊禁止!』のステッカーがエントランスに貼られています。

海外旅行者のみんながみんな悪いわけではないですが、やはりマナーが悪い人が多い。海外旅行に来たらテンションが上がり、自国ではないので気が大きくなるのは仕方が無いとは思うんですけどねぇ。

費用はどこから捻出するの?

一万円札の束

万博を開催するには多額の費用が掛かることは誰でもわかります。

会場の建設・整備費で1250億円と見込んでいるようですが、その費用はどこから捻出するの?

この費用は国・大阪・民間企業で3等分するといわれていますが、民間企業そんなに出すかねぇ?アテはあるの?

また今のところ1250億円と言っているけど、絶対にそんなもんでは済まないだろうと思う。

2020年の東京オリンピックも誘致時の想定は7000億円だったのに、今や3兆円(!)までに膨れ上がっています。

大阪万博もそうなるんじゃない?結局、税金が上がるんじゃないの?いつも損するのは末端の大阪府民・市民。もういい加減にしてほしい。

夢洲が2008年のオリンピック誘致に失敗して『負の遺産』と言われていることは、先ほども書きましたが、何にも使われていない土地を維持するのにも税金が使われている訳でしょ?もっと他に使わなあかんところあるやろ?

大阪府民・市民みんなが賛成している訳ではないのに、大阪万博のために税金が使われる。

大阪は負のスパイラルからいつまでたっても抜け出せません

経済効果は約2兆円

大阪万博の経済効果は約2兆円と言われていますが、結局潤うのは建設と鉄道ぐらいでしょ。末端の大阪府民・市民が潤うとは思えない。

経済効果約2兆円と言われても、全くピンとこない。

大阪万博で自分が潤っている姿が全く想像できない

ついにカジノできるか…

ラスベガス・カジノ

大阪万博とカジノは2つでセット。今回の誘致でカジノができるのもほぼ決定的。ついにカジノできるか…。絶対治安が悪くなる!

ただでさえ大阪はガラが悪いのに、これ以上治安を悪くしてどうすんねん。それも国が率先して。馬鹿かと思う。

大阪観光のついでにカジノで遊んでもらおうという魂胆らしいが、もう充分買い物(爆買い)でお金落としてくれてるのに…。まだ吸い取るつもりか。

それと私のイメージのカジノって、ラスベガスぐらいしか出てこないけど、洗練されたイメージ。良く考えるとただのギャンブラーの集まる場所なんですけど、それでもちょっとオシャレなセンスのあるイメージ。

なんか大阪にカジノを作ってオシャレ感出せるかなぁ。センス悪そうなの作りそう。コテコテの。

カジノについて経済アナリストの森永卓郎さんが、ごもっともな指摘をしています。

「ラスベガスのカジノに一回、行ったことあるんですけど、これが楽しいんです!カジノでは飲食は無料、ショーも無料、いろんなギャンブルがすごく楽しい!のめりこむタイプの僕は、案の定、1円のお金すらもなくなって、身ぐるみはがされてしまいました。つまり、大坂にカジノができると、大阪のおっちゃん、おばちゃんが毎日、地下鉄に乗って通えてしまうんです。結果、2兆円の経済効果は出ますが、大阪が破産者だらけになってしまうと考えます。」

@niftyニュースより引用

地下鉄がめっちゃ混む

駅ホームの混雑

夢洲へのアクセス手段として大阪メトロ中央線を夢洲まで延ばすことがほぼ決まっています。

区間はコスモスクエア駅〜夢洲駅の約3kmほどですが、本当にやめてほしい。

大阪万博に行く人がほぼ大阪メトロ中央線に乗ることになるんです。めっちゃ混むやん。

私は大阪メトロ中央線、よく利用するんです。

大阪万博に反対の人間からしたら、本当に迷惑。いつの時間帯もラッシュアワー並みに混雑するのかと思うとゾッとする

万博が終わってもカジノ利用の人が乗るでしょ?治安悪化問題が心配。

お祭り騒ぎのお膳立て

大阪府知事・大阪市長ともお祭り騒ぎのお膳立てだけして、後々の事ちゃんと考えているのかどうかわからない。

自分が年取って政治から引退したら『もう知ら~ん』ってなりそう。

余談ですが、大阪市長の吉村さんは2018年で3年目。最初はそうでもなかったけど、最近はいい感じに『悪い顔になってきたなぁ』と、我が家ではもっぱらの噂です。

2025年 大阪万博のまとめ

あくまでも大阪市民・一個人の意見として述べてみました。

大阪万博が誘致出来て、喜んでいる人ばかりでは無いことが伝わりましたでしょうか?

  • 人が増える
  • 税金が上がる
  • カジノができて治安悪化
  • 地下鉄が混む

良いことなんて一つも無いです。ただただ迷惑です。いつまで税金の無駄遣いを続けるのでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする