冬の ニッカウヰスキー が素敵!小樽・札幌の旅【1日目】

こんにちは。冬の北海道初体験の『ダメもと』です。北海道は今まで何度も行っていますが、雪の降る季節は初めて。どれぐらい寒いんだろ?不安におののきつつ出発!

2018年1月30日(火)

ジェットスターで新千歳空港へ

今回の旅は『JJツアー』で1泊3日をチョイス。飛行機代+1泊のホテル付です。

ジェットスターは初めてですが、私たちの乗る便は搭乗口から飛行機のタラップまでバスで向かいます。

ジェットスターの飛行機

8:00関西空港発。30分も飛んだらもう雪山が見えてきた。どの辺だろう?

上空からの雪山の景色

もうすぐ着くよーー! 北海道上空

上空からの北海道の景色

9:50新千歳空港着。JR新千歳空港駅から、小樽へ向かいます。

小樽駅からスマイルホテルへ

小樽駅外観

今日の宿は『スマイルホテル 小樽』。『スマイルホテル 小樽』は小樽駅から徒歩3分。こじんまりしたホテルです。私たちは別館に泊まりましたが、チェックインは本館でします。別館と本館は向かい合わせで目の前ですよ。


チェックイン(15:00)まで時間があるので、とりあえず荷物だけ預かってもらいます。

それにしても寒い!スマイルホテルのロビーに、ウェルカムドリンクでホットコーヒーがあったのでいただきます。おかわりOK。ありがたいです。

コーヒーを飲みながら、今日の予定を再チェック。とりあえず小樽駅前バスターミナルへ向かいましょう。

柿崎商店でお昼ごはん

バスで余市駅前十字街バス停までやってきました。

お腹がすいたので、今後の予定の前にお昼ごはんにしましょう。本日のお昼ごはんは『柿崎商店』。


1階は新鮮な魚介類や余市農家のくだものなどが販売されていて、ちょっとしたスーパーみたいな感じ。地元の人たちはもちろん、観光客にも大人気。「昆布が安い!」と姉が興奮しております。もちろん購入。

2階は柿崎商店直営「海鮮工房」。ここでお昼ごはんをいただきますよ。どれもこれも美味しそうで迷う~。そしてお値段もリーズナブル。

磯丼(ホッキ、ホタテ、ツブ貝)1100円ぐらい いくら丼(ハーフ) 800円ぐらい

磯丼といくら丼

ほっけ焼 500円ぐらい

ほっけ焼

値段をぐらいとしたのは、その時々で値段の変動があるようです。特にいくらとウニは変動が激しい。

丼ももちろん美味しかったですが、このほっけ焼がたまらん美味い。表面はパリッ!身はふっくら!脂ものってジューシー!今まで食べたことあるほっけ焼の中でダントツ1位!

今まで食べてたの、あれはほっけなの?って感じ。物が違います。

ニッカウヰスキー 余市蒸留所へ

お腹もいっぱいになったので、次は『ニッカウヰスキー 余市蒸留所』へ向かいます。実は以前「マッサン」(NHKで2014年9月~翌3月まで放送された連続テレビ小説)が始まったばかりの時に1回来ているのですが、とっても良かったのでもう一度訪れました。

ニッカウヰスキー 余市蒸留所へは余市駅前十字街バス停が便利。でも余市駅前バス停からでも近いですよ。

ウイスキーの樽

詳しい情報はこちらの記事で

こんにちは。『ダメもと』です。 NHK朝の連続テレビ小説『マッサン』で有名になったニッカウヰスキー余市蒸留所。 『マッサン』を見...

すごいツララ

垂れ下がるツララ

おなじみニッカウヰスキーのおじさん

ニッカウヰスキーシンボルの男性

こんな人形も展示してますよ。乾杯!

ウイスキーを飲む紳士の人形

俺が作るウイスキーをみんな飲んでくれ!

ウイスキーを作っている所の人形

雪が積もってなんともいえず美しい

雪が積もっている建物と木

ソフトクリームみたい

雪が積もったソフトクリームみたいな木

マッサンこと竹鶴政孝の妻、リタ夫人の名前が付いたRITA HOUSE。工場を設立した時は経理事務所として使用していたそう。かわいい建物です。

リタの家

雪が降ってきたーー!寒い!

雪が降ってきて反射している

試飲会場からの景色。よく見るとここもツララがすごい。車も軽く埋もれている。

10本以上の白樺の木

お待ちかね!試飲(無料)の時間。左から・アップルワイン・シングルモルト余市・スーパーニッカ。水割りやソーダで割っても美味しい。それぞれ美味しい水割りの比率があるようです。ウイスキーはちょっと苦手な私。アップルワインが甘くて美味しいよ!

試飲のウイスキー3種

さっき『柿崎商店』で購入したチーたら。チーズが濃ゆくて美味い!

おつまみのチーズたら

雪が強くなってきた。雪だるまもちょっと困っている。

降り積もる雪と雪だるま

ニッカウヰスキー北海道工場・余市蒸溜所の特徴や施設をご紹介します。“日本のウイスキーの父”と呼ばれる創業者・竹鶴政孝が、ウイスキーづくりの第一歩として選んだ場所。蒸溜所見学ガイド(無料)もご覧いただけます。

見学終了。ほろ酔いでJR余市駅へ向かいます。

余市駅外観

JRで小樽駅まで戻ります。小樽駅前の『長崎屋』で今日の晩ごはんを調達して帰ろう。

小樽運河散策

晩ごはんの前に小樽運河を散策してみましょう。運河に行くまでの道にツリーが。雪が反射して綺麗。
白いクリスマスツリー

このワンコは?小樽運河プラザ前の消防犬、ぶん公です。
消防犬ぶん公の銅像

「ぶん公」は昭和の初めころに消防本部で飼われていた雑種のオス犬です。
消防自動車が出動する時は、一番先に乗り込み、火事場では野次馬(見物人のこと)を追い払い、水を掛けるホースのもつれを直したりして大活躍したと言い伝えられています。
出動回数は1,000回にも及んだといわれていますが、年をとって体が弱ると、出動のベルが鳴っても消防自動車に乗ることができなくなりました。そして昭和13年(1938年)2月3日、たくさんの人々にみとられて亡くなりました。
24年間生きたと言われる「ぶん公」は、人間の年でいえば100歳まで生きた事になります。
彼の生前の活躍は、ラジオや雑誌で全国に伝えられ、絵本の題材にもなりました。今でも「ぶん公」の姿を見るたびに、消防自動車のステップに立つ勇ましい姿が浮かんできます。

小樽市ホームページ:より引用

素晴らしい功績を残されたのですね。寒いのでセーター、マフラー、帽子で防寒もバッチリ。小樽の人々に愛されてる感満載です。

ただ今の気温-6.6℃!

小樽運河の温度計

ちょっと写真がぶれています。シャッターが中々上手くおりなくて、「カメラつぶれたか?」と思い調べてみると、寒い時ってこういう事多々あるようです。

あと、バッテリーも消耗が早いのでカイロなどをポケットに入れて程よく温めると少しはましみたいですよ。カメラは直接カイロにあてず、ソフトケースなどに入れてくださいね。

本日の晩ごはん

さて、本日の晩ごはん。先ほど小樽駅前の長崎屋で購入。北海道らしいものとしては、右端の赤飯。甘い赤飯です。若干スイーツ感あり。桜餅みたい?豆は甘納豆ですよ。

ニシンの飯寿司やあまい赤飯

ニシンの飯寿司。飯寿司とは、ご飯と魚・野菜・麹を混ぜて、重石をのせて漬け込み、乳酸発酵させて作る郷土料理。魚は、ニシンの他にハタハタ、鮭、ホッケなどがあるようです。キャベツ、大根、ニンジンなどの野菜と一緒に仕込みます。乳酸発酵させて作るなれずしの一種。試食販売のお母さんに強く勧められて購入。お酒にあう~!

ニシンの飯寿司

2日目はこちら

こんにちは。冬の小樽・札幌の旅2日目の『ダメもと』です。 今日は天狗山ロープウェイで山頂へ&おたる水族館へ行きますよ。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする