冬の ノーザンホースパーク で馬と触れ合おう!【3日目】

こんにちは。小樽・札幌の旅3日目の『ダメもと』です。今日はノーザンホースパークへ行って馬と触れ合いますよ。

2018年2月1日(木)

無料シャトルバスでノーザンホースパークへ

ノーザンホースパークへ行くには新千歳空港から無料シャトルバスが便利です。とりあえず新千歳空港へ向かいましょう。

バスで空港へ行こうとすすきののバス停で待っていたのですが、なかなかバスが来ない!渋滞で遅れているのかな?焦ってきて地下鉄で札幌駅まで行くことに急遽変更。通勤ラッシュ半端ない!ちょっとぐったり…。

札幌駅からJR快速エアポートで新千歳空港へ。あわわわ…。シャトルバスに間に合うか?空港についてバス乗り場までダッシュ!

寒いからいっぱい着込んでいるし、荷物も重い。汗だく…。

ノーザンホースパークへ

なんとか間に合った!ノーザンホースパークへのシャトルバス乗り場新千歳空港交番前から発車します。観光バス並みの大きなバスに客は4人のみ。しかも1人はどうやら従業員の模様。冬はやっぱりお客さん少ないみたいです。

ポニーのショーがあるみたいですが、まだ時間があるのでパークの中を散策。早速ポニー発見。真っ白な雪の中に白いポニーちゃん。

雪の中の白いポニー

小っちゃくてかわいいなぁ~!

雪の中の茶色のポニー

餌くれや~!

口を開けている白いポニー

こちらは大きなお馬さん。寒いから服(?)を着ています。

服を着ている馬

赤と白でめでたい

赤い服を着ている馬

ノーザンホースパークの詳しい情報はこちら

こんにちは。『ダメもと』です。 ノーザンホースパークをご存知ですか?北海道苫小牧市にある馬のテーマパークです。 新千歳空港からた...

ハッピーポニーショー午前の部

そろそろポニーショーが始まる時間。ポニーショーが行われるパラッツォ・ベガ ポニー館へ戻ります。かわいいの、出てきたーー!

チョコ君です。足を上げてご挨拶。

片足を上げているポニー

こんな小っちゃい台にも乗れるよ!

小さな台に乗っているポニー

障害物もらくらくクリア!

障害物を飛んでいるポニー

ポニーショーが終わって小腹がすいたのでちょっとブレイクタイム。

パラッツォ・ベガ ポニー館の中の売店で『北あかり ベイクドポテト』ソフトクリームを食べよう。ここのじゃがバターすごく美味しい!色んな所でじゃがバター食べてるけどここが一番美味しかも。

おすすめホクホク『北あかり ベイクドポテト』

じゃがバター

ソフトクリームも濃厚で美味しい

ソフトクリーム

ノーザンホースパーク内を散策

ノーザンホースパークの敷地面積は50ヘクタール(15万坪)。広大なパーク内には、12種類、約80頭の馬達が生活しています。

冬季は出来ることは限られていますが、それでも観光馬車や馬そり、乗馬も観光引馬(スタッフが引く馬に乗って気軽に乗馬体験。約5分)やホーストレッキング(北海道の大自然を散策しながら乗馬体験。約30分)など色々楽しめますよ。

また冬季ならではの遊び、ミニスノーモービルやクロスカントリー、スノーラフティング、スノースライダーなどお子様連れの方も面白そうですね。

きゅう舎にはかつて活躍し、今はもう引退している競走馬たちが暮らしています。競馬はあまり知らない私でも聞いたことのある、有名な馬(父:ダンスインザダークとか、父:ディープインパクトとか)を親に持つ馬たちがいましたよ。

こんにちは。外に顔を出してくれました。

小窓から顔を出している馬

きゅう舎の建物もかわいい

きゅう舎の外観

外国の風景みたい

大きな木と赤い屋根の建物

あちこちにあるパドック

雪の中のパドック

い~い天気!

木の間から青い空と太陽

ベンチでおじさんが日向ぼっこ。寒いからマフラー巻いてもらってる。傍らには『競馬エイト』が…。

ベンチに座る男性の像

ハッピーポニーショー午後の部

午前の部があまりにもかわいかったので、午後の部も見ることに。午前とは違うポニーが出演します。

山ちゃんです。こんにちは~!

片足を上げる茶色のポニー

なんかめっちゃ小っちゃいの出てきたーー!サミー君です。ノーザンホースパークで一番小さいんだって。

小さなポニー

サミー君は自由奔放

歩き回る小さなポニー

小っちゃいから障害物も飛べません。下をくぐっとる…。

障害物の下をくぐる小さなポニー

山ちゃんと比べるとサミー君がいかに小っちゃいかわかるでしょ?

台にのる大小のポニー

アヒルのピヨちゃんも登場。

ポニー二匹とアヒル

くちばしが偽物みたい。でも、正真正銘の本物です。

アヒル

期待していた以上に良かったノーザンホースパーク。馬とポニーで癒され、また美しい景色にも癒され…。北海道旅行の定番になりそうです。きっとまた来ると思う。

北海道・新千歳空港から約15分のノーザンホースパークは、日本初のポニーショーや乗馬体験、元競走馬見学など、子どもから大人まで楽しめる馬のテーマパークです。

新千歳空港へ

新千歳空港へ戻ってきました。お土産を冷やかしながらブラブラ。新千歳空港のお土産屋さんは試食が豊富でいいですね。以前、箱と中身のサンプルだけのケーキみたいなのを買ったとき失敗したんですよね~。やっぱり味見は大事です。

美瑛選果のコーンパン

美瑛選果のコーンパン。知ってますか?

北海道上川郡美瑛町に美瑛選果はあります。私たちは美瑛が大好きで何度も訪れているのですが、このコーンパンは新千歳空港にしか売っていない限定品。新千歳空港来るたびにチャレンジしているのですが、ものすごく並んでいたり、時間がなかったり、もう売り切れていたり…。今回、運が良かったのか大行列じゃなかったので並んでみました。ついにGetです!

スープカレーlavi

何度も北海道に来てるけど、スープカレーって食べたことなかったんですよ。ほら、北海道のグルメってたくさんありすぎて、なかなかスープカレーまでたどり着かないんですよね。

と言う訳で初スープカレーです。

スープカレーlavi 新千歳空港の詳細をご案内しています。北海道 新千歳空港ターミナルビルの公式サイトです。

laviのスープカレー。辛さが選べます。初めてなので辛さレベル6にしました。もうちょっと辛くてもいけるな…。

スープカレー

さっき買った美瑛選果のコーンパン。焼きたてだったので我慢しきれず食ってしまった…。コーンたっぷり!

美瑛選果のコーンパン

今日の晩ごはんにするため空弁も購入。

空弁の箱

北の海 幸づくしの中身

空弁の中身の海鮮丼

これにて小樽・札幌の旅終了。あまりの雪の多さと美しさに感動した旅でした。

今回の旅行費用、大公開

JJツアー 1泊3日(東武ホテル) 13300円
スマイルホテル 朝食付き 3000円
*徴収金(後述) 20000円
合計 36300円

となりました。

*徴収金とは、交通費とか食費とかお土産代とか…いろいろありますよね。それを一人いくらって前もって決めておいて(今回の場合は20000円)会計担当の姉に預けておきます。すべてにかかるお金を、そこから出すようにして、余ったら折半するようにしてますね。

私たちは家族なので、今までの旅行はずっとこの方法でやってきました。でも友達やカップルには不向きなのかな?

ともかく小樽・札幌2泊3日の旅。無事に終了致しました。この旅の記録が少しでもあなたの役に立てば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする