Rinkerのインストールと設定・初心者向けに解説

HOW TO

 

こんにちは。「ダメもと」です。

ブログを収益化したいけど、何から始めたらいいのかわからない…。

と、お悩みですか?

 

実はWordPressのプラグイン「Rinker」を導入すれば、とても簡単にアフィリエイトを始める事ができます。

 

この記事では「Rinker」のインストールから設定までを、初心者向けに画像多めで解説。

 

今すぐ「Rinker」を導入しましょう!

 

スポンサーリンク

Rinkerって何?

はてな女性

Rinkerってなんですか?難しくないの?

初心者なので不安…。

 

 

「Rinker」とは、Amazonや楽天、Yahooショッピングなどの商品リンクを作成できるWordPress専用のプラグインの事です。

 

色々なサイトでこういうの見たことがありませんか?これの事です。

 

「Rinker」を導入すると、こんな商品リンクを簡単にかつキレイに作成する事ができるんです。

しかも無料で!

 

「Rinker」はむしろブログを始めたばかりの初心者のうちに導入する事をおすすめします。

 

「Rinker」を使うための条件

「Rinker」を導入するにあたっての最低限の条件

 

もしもアフィリエイトに登録したら、まずはAmazonと提携申請をしましょう。
検索ボックスに「Amazon」と入力して検索。

もしもアフィリエイトAmazon検索

 

「Amazon.co.jp」商品購入を探して(おそらく3ページ目)「提携申請する」をクリック。

Amazon提携申請する

審査には数日かかりますので、審査が通るまで待ちましょう。

~もしもアフィリエイト~
ちなみに楽天市場とYahooショッピングは審査なしですぐに使えます

 

できれば登録をしておきたいASP

 

まずはこれらのASPの登録を済ませてください。

 

「Rinker」のダウンロード・インストール

まずは「Rinker」をダウンロードをします。

「Rinker」はWordPressのプラグインですが、WordPressのプラグイン検索では見つかりません
「Rinker」は「おやこそだて」運営者のフリーランスプログラマ・やよいさんが開発したプラグイン。
やよいさんのページから直接ダウンロードします。

「Rinker」ダウンロードはコチラから

「Rinker」のダウンロード

ダウンロードページへ飛んだら、無料ダウンロードをクリック。

Rinkerダウンロード

 

すると以下の画面になるので「pixiv IDを作ってログイン」をクリック。

(すでにpixiv IDを持っている方は「pixiv IDでログイン」してください。)

pixivIDを作ってログイン

 

pixivのアカウントを作成します。

  • メールアドレス
  • パスワード

を入力して「次へ」をクリック。

pixivアカウント作成

メールアドレスとパスワード以外にも

  • apple ID
  • Twitterアカウント
  • Googleアカウント
  • Facebookアカウント

で登録することができます。

ちなみに私はGoogleアカウントで作成しました。

 

pixivのアカウントが作成できたら、もう一度この画面に戻るので、無料ダウンロードをクリック。

Rinkerダウンロード画面

 

すると以下のようにダウンロードされました。

ダウンロードされた画面(左下)

 

WordPressに「Rinker」をインストール

次にWordPressに「Rinker」をインストールします。

 

WordPressを開き、

  1. プラグイン
  2. 新規追加
  3. プラグインのアップロード

の順でクリックします。

プラグインのアップロード

 

ファイルを選択」をクリック。

ファイルを選択

 

以下の画面が開きます。

zipファイルを開く

~手順~

  1. ダウンロードをクリック。
  2. yyi-rinker-1.7.7.zip(先程ダウンロードしたzipファイル)をクリックすると
  3. に反映されます。
  4. 開くをクリック。

 

今すぐインストール」をクリック。

今すぐインストール

 

しばらく待つと(数秒です)インストールが完了するので「プラグインを有効化」をクリック。

プラグインを有効化

これでダウンロード&インストールは完了です。

 

「Rinker」の設定

続いて「Rinker」の設定をしていきましょう。

「Rinker」は

  • Amazon
  • 楽天
  • Yahooショッピング

のアフィリエイトリンクを設定できます。

今回は

  • Amazon→もしもアフィリエイト
  • 楽天→もしもアフィリエイト
  • Yahooショッピング→バリューコマース

で設定していきます。

Amazonは「Amazonアソシエイト」の審査が通っていないため「もしもアフィリエイト」
楽天は「もしもアフィリエイト」経由のほうが手数料無料で現金化できるため。
Yahooショッピングはバリューコマースの方が料率が良いため。

 

それでは早速、設定していきましょう。

①設定②Rinkerの順でクリック。

Rinker設定

上から順に説明します。

 

基本設定の商品情報の再取得→「再取得をしない」にチェック。

再取得をしない

 

Amazon

Amazonは今回「もしもアフィリエイト」で設定するので、ここは何も入力しません

楽天

楽天の設定にはアプリID/デベロッパーIDが必要です。

以下、楽天のアプリID/デベロッパーID取得の手順です。

 

まずはRakuten Developersへアクセスし

アプリID発行」をクリック。

RakutenDevelopersアプリID発行

 

以下の画面になるのでログインしましょう。

楽天会員ログイン

 

アプリ新規作成フォーム

  • アプリ名→自分のサイト名
  • アプリURL→自分のサイトURL

を入力。

商品情報は開くことができますが、空欄でOK。

認証を入力し、「規約に同意して新規アプリを作成」をクリック。

新規アプリを作成

以下の「アプリID/デベロッパーID」をコピーしましょう。

アプリID/デベロッパーIDのコピー

 

WordPressの「Rinker」設定に戻り、コピーしたアプリID/デベロッパーIDを貼り付けます。

アプリID/デベロッパーIDの貼り付け

 

Yahooショッピング(バリューコマース)設定

Yahooショッピングの設定はバリューコマースで行います。

まずはバリューコマースにアクセス。

 

以下バリューコマースにおいての手順です。

  1. ツールをクリック
  2. LinkSwitchをクリック
  3. LinkSwitch設定をクリック

バリューコマースLinkSwitch設定

 

コードを選択」をクリックし、コピーします。

コードをコピー

 

WordPressの「Rinker」設定に戻り、LinkSwitchの部分に貼り付けます。

Rinkerバリューコマース設定

 

もしもアフィリエイト設定

Amazonと楽天の設定は「もしもアフィリエイト」で行います。

 

まずもしもアフィリエイトにアクセスします。

①プロモーション検索②提携中プロモーションの順にクリック。

 

もしもアフィリエイトプロモーション検索

 

Amazonを探して「広告リンク取得」をクリック。

Amazon広告リンク取得

 

コードの「a_id=○○○○○○○&」の7桁の数字をコピーします。

7桁の数字コードをコピー

 

WordPressの「Rinker」設定に戻り、コピーしたID(7桁の数字)を貼り付けます。

もしもアフィリエイト設定Amazon

 

Amazonと同様に、楽天も「広告リンク取得」をクリック。

楽天広告リンク取得

 

コードの「a_id=○○○○○○○&」の7桁の数字をコピーします。

7桁の数字コードをコピー

 

WordPressの「Rinker」設定に戻り、コピーしたID(7桁の数字)を貼り付けます。

もしもアフィリエイト設定楽天

Yahooショッピングも「もしもアフィリエイト」で登録したい場合は同様にIDをここで入力してください。

もしもリンク優先ショップ」のAmazonと楽天市場に✓チェックを入れます。

Google Analytics トラッキング」にも✓チェックを入れましょう。

最後に「変更を保存」をクリック。

もしもリンク優先チェック

「Rinker」の設定は以上になります。お疲れ様でした!

 

Rinkerのインストールと設定┃まとめ

「Rinker」のインストールと設定は以上になります。

初心者には少し面倒な設定になりますが、ここで頑張っておけば後が楽ですよ。

是非とも「Rinker」を導入して、ブログの収益化に頑張りましょう!

 

最後におさらい

 

Rinkerの使い方はコチラの記事で

Amazonアソシエイトの使い方・初心者に向けて注意点も含め解説

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました